本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



失意の選抜、夏への糧に…コロナ感染で出場辞退した京都国際と広島商の誓い
 熱戦が始まった高校野球の地方大会に特別な思いで臨む高校がある。部員の新型コロナウイルス感染で選抜の出場を辞退した京都国際(京都)と広島商(広島)だ。苦難の春を乗り越え、選手は夏に勝負をかける。...
別窓で開く

中日・根尾昂(22)“ピッチャー専任”で噴出する立浪采配への批判「即刻、2軍での再調整を命じるべき」《リリーフなのに“あがり”の前代未聞》
 中日の根尾昂(22)は交流戦後に野手から投手に転向した。立浪和義監督(52)は昨秋の就任時に外野手一本の方針を打ち出しながらも、開幕後に遊撃手、さらに二刀流と起用法が迷走した末、投手専任に落ち着いた。シーズン途中での、順序がセオリーと逆の結論に賛否が渦巻く中、兎にも角にも大阪桐蔭高時代に甲子園を3...
別窓で開く

佐々木麟太郎だけじゃない!「広陵のボンズ」も超高校級……高校2年生に“金の卵”が続々
■身長189cm、体重91kgの大型スラッガー 全国高校野球選手権の地方大会が6月18日、49地区の先頭を切って沖縄で開幕した。ドラフト候補となる選手にとっては最大のアピールの場となるが、今年は1位指名が確実視されるような目玉候補は“不在”という印象を受ける。その一方で、早くから注目を集めているのが...
別窓で開く

偉大な父を持つ清原正吾と前田晃宏の課題は何か? 大学球界屈指の注目度を誇る“2世選手”の現状に迫る
今春の東京六大学のリーグ戦では2位となり、惜しくも優勝を逃した慶応大野球部。昨春の全日本大学野球選手権では優勝、秋の明治神宮大会では準優勝と、全国でも屈指の実力を誇る。 そんなチームにあって、下級生ながら高い注目を集めているのが、清原和博氏(元西武など)の長男である清原正吾(2年・一塁手)と、前田智...
別窓で開く

関西オールスター5リーグ対抗戦は関西学生野球連盟がV 最優秀選手は杉浦
 ◇第29回大学野球関西オールスター5リーグ対抗戦決勝 関西学生野球連盟7—0阪神大学野球連盟(2022年6月26日 わかさスタジアム京都) 19年以来、3年ぶりの開催となった関西オールスター5リーグ対抗戦の決勝が行われ、関西学生野球連盟が4大会連続の優勝を果たした。 今秋ドラフト候補右腕の西隼人(...
別窓で開く

イチローより上位で指名された元野手も。中日・根尾昂の転向で思い出す、野手→投手に挑んだ男たち
 日本野球機構(NPB)は交流戦を終えた6月21日、野手ながら2試合に登板して無失点に抑えていた中日・根尾昂選手の登録を、外野手から投手に変更することを発表した。投手転向後、好投を続ける根尾 大阪桐蔭時代の根尾は投手や遊撃手として2度のセンバツ優勝、甲子園の春夏連覇にも貢献。...
別窓で開く

阪神・小幡 ライバル視してきた「甲子園スター」根尾撃ちで昇格即アピール「取り組んできた成果が出た」
 ◇セ・リーグ 阪神10ー0中日(2022年6月25日 甲子園) ずっとライバル視してきた同学年の根尾からダメ押しの1点を叩き出し、阪神・小幡は拳を突き出して喜んだ。 「甲子園のスターなので。同世代ですし、打ててすごくうれしかった。真っすぐが速かったので、その真っすぐをはじき返せたことが良かった」 ...
別窓で開く

中日・根尾 1軍初登板の甲子園でプロ初失点 チームは40敗…借金10
 ◇セ・リーグ 中日0ー10阪神(2022年6月25日 甲子園) 中日・根尾が1軍初登板の甲子園でプロ初失点を喫した。0—9の6回、勝敗を超越した大歓声に包まれ登板。先頭の佐藤輝を一ゴロに打ち取ったが、大山に直球を右前打、糸原に初四球を与えて1死一、二塁とされ、続く同学年の小幡にカウント3—1から真...
別窓で開く

 大敗した中日は、9点を追う六回に根尾が1軍では初めて甲子園のマウンドに上がった。大阪桐蔭高3年時の2018年には投打で活躍し、甲子園春夏連覇に貢献。思い出の舞台での登板だったが、四球も絡んでプロ初失点を喫し、1回1失点とほろ苦い結果に終わった。 速球は152キロを計測。...
別窓で開く

【中日・根尾の全登板内容】甲子園の阪神戦でプロ初失点 四球も初めて 梅野には自己最速タイ152キロ
 ◇セ・リーグ 中日—阪神(2022年6月25日 甲子園) 中日の根尾昂投手が、25日の阪神戦の0—9の6回に登板した。 甲子園では5月のウエスタン阪神戦でプロ初登板したが、1軍では初めて。大阪桐蔭時代に二刀流で全国制覇に貢献した22歳がマウンドに立つと、雨上がりの聖地に大きな拍手が降り注いだ。...
別窓で開く


[ 大阪桐蔭 ] の関連キーワード

麟太郎 広島商 佐々木 イチロ 甲子園