本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【今週はこれを読め! ミステリー編】戦禍の中の警察捜査小説〜ジェイムズ・ケストレル『真珠湾の冬』
 小説には時間を主題にする作品と距離が問題となるものがある。 ジェイムズ・ケストレル『真珠湾の冬』(ハヤカワ・ミステリ)は後者だ。どうしようもなく遠い、間を埋めることが難しい場所。それがこの小説では描かれる。 とはいえ時間も見逃せない要素なのである。物語の起点が1941年11月26日のハワイ準州(当...
別窓で開く

日米韓、4月にハワイで「陸軍総長会議」を推進
米国は4月ごろ「日米韓陸軍総長会議」を推進していることが伝えられた。24日、韓国軍当局によると、米インド太平洋陸軍司令部は米韓の陸軍参謀総長と日本の陸上幕僚長との3者会合を企画し、パク・ジョンファン(朴正煥)陸軍参謀総長を最近招請した。米軍はインド太平洋司令部のあるハワイで、4月の初めに会議の日程を...
別窓で開く

「ロシアが核推進ドローンを生産開始」現地紙報じる 新型原潜「ベルゴロド」に搭載予定
ロシアが核魚雷の生産を開始したとの報道が出ている。タス通信は16日、国防省消息筋を引用し、ロシアの新型原潜「ベルゴロド」に搭載される原子力エンジンを装着した水中ドローン(核魚雷)である「ポセイドン」の初期生産分が生産完了したと報じた。消息筋はポセイドンが近いうちにベルゴロド潜水艦に載せられると伝えた...
別窓で開く

中国軍機の台湾上空接近が倍増、米国の「対中牽制」にまったく効果がない理由 見透かされている“アリバイ作り”的ポーズ
(北村 淳:軍事社会学者) 2023年1月5日、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦が台湾海峡を通航した。 アメリカ海軍第7艦隊司令部によると「今回の米艦による台湾通航は“定期的な所定の航行”であって、なんら特別な意味を持つものではない」としているが、アメリカ海軍が南シナ海で断続的に実施している「FONOP」...
別窓で開く

ウクライナ侵攻と並行して「中国との合同軍事演習」を実施せざるを得ない「ロシアの事情」
ジャーナリストの佐々木俊尚と筑波大学教授の東野篤子が12月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。中国とロシアによる合同軍事演習について解説した。北京で、記念撮影に応じる中国の習近平国家主席(右)とロシアのプーチン大統領(中国・北京) AFP=時事 写真提供:時事通信中国と...
別窓で開く

米軍が今も肝に銘じる真珠湾の教訓、「軍事の論理」はこうして捻じ曲げられた 現場からの警告に耳を傾けなかった軍首脳とルーズベルト政権
(北村 淳:軍事社会学者) ハワイ時間で1941年12月7日午前7時40分(当時のハワイ時間は現在のハワイ時間より30分遅れていた。日本時間では12月8日午前3時10分)、ハワイオアフ島上空に接近した日本海軍真珠湾攻撃第一波攻撃指揮官・淵田美津雄中佐は米軍側が迎撃態勢をとっていないことを確認し、航空...
別窓で開く

「黒船襲来」2度目は白くなっていた 知られざる「白船来航」米国大艦隊が明治日本に来たワケ
江戸時代後期に日本に来航したペリーの「黒船」。それから半世紀後にアメリカ艦隊が再び日本へやってきたことはあまり知られていません。東京湾に入ってきた27隻の白い米国軍艦のワケと日本の対応についてひも解きます。...
別窓で開く

「兵士は畑で取れる…」ロシア軍の人命軽視が招く“惨状” 専門家は「第二次世界大戦から全く進歩してない」
 1963年、佐藤純彌監督(1932〜2019)の映画「陸軍残虐物語」(東映)が公開され、多くの話題を集めた。そして今、世界各国のメディアが「ロシア軍残虐物語」の記事を配信している。軍事ジャーナリストは「報じられたロシア軍の人命軽視という体質はあまりに酷く、にわかには信じられないものばかりです」と言...
別窓で開く

どっちが有利!? ミサイル枯渇のロシアvs72時間で武器が輸入されるウクライナ
10月19日、ロシア軍がウクライナ西部の火力発電所を攻撃。同発電所は西部3州に電力を供給しており、今月10日にもミサイル4発の攻撃を受けたとされており、ロシア軍によるインフラへの攻撃が続いている。ロシアとウクライナの軍事力の差から、誰もが早期決着と思っていた今回のウクライナ侵攻。...
別窓で開く

日本海に進入した日本の艦船に旭日旗、米海軍の写真で確認=韓国
今月6日に実施された竹島近隣海域の日米韓共同軍事演習当時、日本の海上自衛隊の艦船に旭日旗が掲げられた姿が写真で確認された。米海軍太平洋艦隊第7艦隊公式ツイッターは6日、訓練写真を公開した。第7艦隊はツイートで「米海軍核空母レーガン、巡洋艦チャンスラーズビル、駆逐艦ベンフォールド、韓国海軍駆逐艦文武大...
別窓で開く



<前へ1234567次へ>