本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



■日本経済復活の大きな起爆剤となるかソニーグループとホンダが折半出資する「ソニー・ホンダモビリティ」は、ここへきて、急速に電気自動車(EV)事業の運営体制を強化している。目的は、ビジネスモデルの変革を加速し、新しい収益の柱を確立することだ。ソニーとホンダは製造技術に磨きをかけてウォークマンやCVCC...
別窓で開く

ソニーは、ウェブ3.0に欠かせないAR技術など最先端分野での勝機を狙っている。具体的には、ゲームや音響などの既存技術とARを新しく結合させようと強化している。その一つの成果として、「ToF(Time of Flight)AR」と呼ばれるソフトウエアを公開した。ToF ARによって、スマホ1台でバーチ...
別窓で開く

ホンダは、米国のGMと韓国のLGグループとアライアンスを組んで、「100年に1度」と呼ばれる自動車産業の大変革に対応しようとしている。背景にある「CASE」のインパクトは大きい。バッテリー調達能力の向上、自動運転技術などソフトウエア開発力の強化、搭載点数の増える車載用の半導体開発のために、世界の大手...
別窓で開く

女子モーグルの17歳川村あんり、日本女子最年少メダルを狙うも5位に。「諦めない姿が皆さんに伝わればいいな」と涙【北京五輪】
2月6日、北京五輪のフリースタイルスキー女子モーグルの決勝が行なわれ、川村あんり(日体大桜華高)が、惜しくもメダルを逃し5位となった。【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介! ビブスの番号「1」はワールドカップのポイント1位を意味し、堂々のメダル...
別窓で開く


<前へ1次へ>