本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



中国政府が影響力を持つ企業が各国で増えている。国有企業などを通じて「隠れ株主」となり、実質的な企業の支配者になる手法で、すでに中国は「世界一の大株主」となっている。毎日新聞取材班の書籍『オシント新時代 ルポ・情報戦争』(毎日新聞出版)からお届けする——。(第2回)■「隠れ株主」として世界中の企業を支...
別窓で開く

習近平主席は、台湾侵攻のチャンスをうかがっているようにも見える。それは地政学的リスクを高める要因だ。海外投資家にとって、下落リスクの高まる人民元を保有する意義は低下している。債券などの売却資金をドルに替える海外の投資家は急速に増えている。そうした傾向は、当面続くだろう。(多摩大学特別招聘教授 真壁昭...
別窓で開く

■過去30年間、成長を遂げてきたのが一転9月15日夕、貨物大手フェデックスは6〜8月期の決算速報を発表した。6〜8月期にかけて貨物取扱数量は減少し、同社の一株利益は予想を下回った。先行きに関して経営陣は、世界全体でコストカットを強化する企業は増え、世界の貨物輸送需要がさらに減少するとの懸念を表明した...
別窓で開く

■1ドル=144円99銭まで円安が進行8月下旬以降、外国為替相場ではドル高・円安が急速に進んだ。9月7日には1ドル=144円99銭まで円安が進行した。その要因として、8月25〜27日に開催された“ジャクソンホール会合(米カンザスシティー連邦準備銀行主催の経済政策シンポジウム)”における日米金融当局者...
別窓で開く

ソニーは、ウェブ3.0に欠かせないAR技術など最先端分野での勝機を狙っている。具体的には、ゲームや音響などの既存技術とARを新しく結合させようと強化している。その一つの成果として、「ToF(Time of Flight)AR」と呼ばれるソフトウエアを公開した。ToF ARによって、スマホ1台でバーチ...
別窓で開く

ホンダは、米国のGMと韓国のLGグループとアライアンスを組んで、「100年に1度」と呼ばれる自動車産業の大変革に対応しようとしている。背景にある「CASE」のインパクトは大きい。バッテリー調達能力の向上、自動運転技術などソフトウエア開発力の強化、搭載点数の増える車載用の半導体開発のために、世界の大手...
別窓で開く

8月、韓国の製造業PMI(購買担当者景況感指数)は事業環境の改善と悪化の境目である50を下回り49.8に下落した。一つの要因として、中国が韓国の“お得意さま”から、競争上の脅威に変わり始めたことがある。中国は韓国から輸入してきた半導体や自動車などの国産化を急いでいて、これまでのように韓国企業が中国の...
別窓で開く

米中対立が激化する中、米テスラは上手く共産党政権との利害調整を行って中国での生産・輸出を増やしている。上海ギガファクトリーにおける生産能力は米国を上回り、年間100万台超に引き上げようとしている。一方、わが国ではトヨタ自動車を筆頭に、半導体不足などで自動車生産が停滞。わが国の自動車メーカーは電動化を...
別窓で開く

学生が愛するデカ盛り1.5kg! 『らーめん BOMBA家』(神奈川・藤沢市)で「神豚(大)」を食べてきた
食楽web 小田急江ノ島線の湘南台駅といえば、多摩大に日大に慶大に横浜薬科大など、大学生がいっぱいいる街。当然、腹ペコ学生に向けた旨くて、安くて、大盛りがメニューにある店が結構あったりします。 今回向かったのは『らーめん BOMBA家 湘南台本店』。読み方はボンバや、じゃなくてボンバイエ。...
別窓で開く

大盛りハンバーグカレーにラーメンも! 実はデカ盛りの聖地・神奈川県藤沢市で行くべき「デカ盛り名店」5選
食楽web 神奈川県藤沢市といえば、江ノ島があって片瀬江ノ島海岸や鵠沼海岸、辻堂海岸なんかもあってザ・湘南、と言える場所。慶応大や多摩大、日大などのキャンパスもあり学生が多く、若者がいっぱいいる場所だったりします。もちろん、元若者もいっぱいいて、平日の昼間なのに、いい歳したおっちゃんがビーサンでサー...
別窓で開く


[ 多摩大 ] の関連キーワード

ハンバーグ 中国共産党 神奈川 ホンダ ソニー

<前へ123次へ>