本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



80歳を過ぎても少年の声を続ける野沢雅子、柴田秀勝…レジェンド声優たちが語る“声の仕事”
森川智之と野沢雅子と柴田秀勝 6月11日から映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』が公開されている。原作は1984年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした漫画『ドラゴンボール』(鳥山明/集英社)。説明不要だろうが、7つ集めると望みが叶う玉「ドラゴンボール」をめぐる冒険譚に始まり、終盤は地球に...
別窓で開く

『ドカベン』水島新司はなぜ売れたのか? “野球ができることがそれだけで幸せな世界”で殿馬や岩鬼など“ハンディキャップを抱えた天才たち”を描く水島ワールドの魅力
 水島新司氏による漫画『ドカベン』は、少年チャンピオンコミックスにて連載されていた人気作品。同作は、連載終了後も圧倒的な知名度を誇り、幅広い読者から親しまれ続ける名作野球漫画です。 ニコニコ生放送「山田玲司のヤングサンデー」にて、漫画家・山田玲司氏は、水島氏の作品における人物描写が、作者の人間性と結...
別窓で開く

「漫画連載は最初の3話で決まる」──絶対に続きが読みたくなる“序盤3話のメソッド”を現役漫画家が語る
 「漫画連載は最初の3話で決まる」 ニコニコ生放送「山田玲司のヤングサンデー」にて、漫画家・山田玲司氏は、続きが読みたくなる連載漫画に込められた「序盤3話のメソッド」について言及。 新規連載において、1話でつかんだと思いきや、2話3話で力を抜いて失敗してしまうパターンが非常に多いと語り、漫画連載にお...
別窓で開く

過酷な現実を描く『タコピーの原罪』のすごさ──血を流すし自殺もする“しずかちゃん”と空き地の土管で出会って始まる地獄の告発
 タイザン5氏による漫画『タコピーの原罪』は、ハードな展開が話題を呼び、人気急上昇中の『少年ジャンプ+』連載作品です。 ニコニコ生放送「山田玲司のヤングサンデー」にて、漫画家・山田玲司氏は、本作が漫画『ドラえもん』やバブル世代の人々を意識して描かれた作品であると言及。さらに、具体的にどのような部分が...
別窓で開く

『東京卍リベンジャーズ』のルーツは『SLAM DUNK』『バガボンド』にあった? 現役漫画家が語る『東リベ』に見える“井上雄彦”の影響
 和久井健氏による漫画『東京卍リベンジャーズ』(以下、『東リベ』)は、「週刊少年マガジン」で連載され、単行本の累計発行部数が3200万部を突破した大人気作品。また、テレビアニメ化と実写映画化も実施され、映画の興行収入が43億円を突破するほどの人気も集めています。 ニコニコ生放送「山田玲司のヤングサン...
別窓で開く

「孫悟空」と「鉄腕アトム」の共通点を現役漫画家が語る! 『ドラゴンボール』鳥山明の絵のルーツは手塚治虫と50年代アメリカ文化にアリ
 鳥山明氏による漫画『ドラゴンボール』は、連載誌『週刊少年ジャンプ』で完結してから現在にいたるまで、数多くのファンを生み出し続けている大ヒット作品です。 ニコニコ生放送「山田玲司のヤングサンデー」にて、漫画家・山田玲司氏は、鳥山氏が描く作品のルーツについて言及し、『ドラゴンボール』のヒットが後年の鳥...
別窓で開く


<前へ1次へ>