本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



気になるチャームの色は? 占い師・しいたけ.さんが「あなたの今日の状態」を診断
一日の運勢を占うテストでしいたけ.カラー心理学にチャレンジ! 目が留まる、気になる色から今の心理状態がわかります。気にかけておくべきことと、ラッキーフード&ドリンクを占い師、作家のしいたけ.さんがアドバイス。充実した一日にするために役立ててみて!HOW TO TEST朝起きた時や家を出る前に、心を落...
別窓で開く

小室圭さんに垣間見える「敏腕弁護士」の片鱗【三田モニカの勝手に占っていいですか?】
 こんにちは。三田モニカです。今回は、三度目の正直で、ついにニューヨーク州の司法試験に合格した、小室圭さんについて占ってみたいと思います。今回も、使用するのはホロスコープ。小室圭さんが生まれた瞬間、どの惑星がどの位置に配置されていたかで占います。ホロスコープというのは、惑星の配置図のことです。...
別窓で開く

「女子に指示されるのってこういう感じか……」早スポ初の女性編集長が直面した「男のプライドみたいなもの」と“本当に小さなこと”とは
「私が男だったらこの苦労はしなくて済んだのかな」日本最大級の大学スポーツ紙「早スポ」初の女性編集長が語る劣等感と“女子としての生存戦略”《61代目まではすべて男性》 から続く 早稲田大学のスポーツ新聞サークル「早稲田スポーツ」で、62代目にして初めて女性として編集長に就任した高橋さくらさん。...
別窓で開く

「私が男だったらこの苦労はしなくて済んだのかな」日本最大級の大学スポーツ紙「早スポ」初の女性編集長が語る劣等感と“女子としての生存戦略”《61代目まではすべて男性》
 日本最大級の大学スポーツ紙である「早稲田スポーツ新聞」、通称「早スポ」。年に12回刊行され、箱根駅伝や大学ラグビーなど人気競技を扱う号は1万部以上を発行する“一大メディア”である。 早スポを発行するサークル「早稲田スポーツ新聞会」は1959年の発足以来60年以上の歴史を持つが、初代から61代目まで...
別窓で開く

小島よしお、「しくじり」なんて関係ねえ? 学生時代、広末涼子に放ったセリフ
久々に見た「(ネオバズ)しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)はやっぱり面白かった。この日(11月19日未明、2022年)の先生は小島よしおで、授業テーマは「大学お笑い」。早稲田大学お笑いサークルWAGE(わげ)出身の小島が自身のしくじりと、大学お笑いサークルのしくじりあるあるについて...
別窓で開く

上場企業の2022年9月中間決算は、円安によって純利益が中間期として過去最高となる空前の増益となった。その一方で、日本人の賃金は約30年にわたって停滞を続け、実質賃金の伸び率はマイナスになっている。著書『日本が先進国から脱落する日』が岡倉天心記念賞を受賞した野口悠紀雄・一橋大学名誉教授が、日本企業の...
別窓で開く

しいたけ.さんが“恋愛の悩み”に助言! 結婚のタイミングになると増えるものとは?
読者の皆さんに聞いたリアルな悩みに、占い師、作家のしいたけ.さんがアドバイス。ここでは、恋愛に関する悩みにお答え!【お悩み1】結婚に踏み切るきっかけは?長年付き合っている彼と、いずれ結婚するのかもしれませんが、そのきっかけがわからず…。いまは仕事が楽しいし、すぐに子どもが欲しいわけでもなく。何を基準...
別窓で開く

しいたけ.さん流“失礼な質問をうまくかわす方法”とは? 人間関係の悩みにお答え!
日々の生活のなかで、なんとなく引っかかっていることはありませんか? 読者の皆さんに聞いたリアルな悩みに、占い師、作家のしいたけ.さんがアドバイス。お茶を飲みながら、ゆっくり休んでいってください。【お悩み1】他人から言われたことを気にしすぎちゃう!人から何か指摘されると、いつまでも引きずってしまいます...
別窓で開く

日本史上最大の戦い「関ヶ原の戦い」は、半日で決着がついた。歴史家の安藤優一郎さんは「約6時間で徳川家康の勝利で終わったが、実際は開戦直後に石田三成らが総崩れになって終わった。勝敗は戦う前から決まっていた」という。安藤さんの著書『敗軍の将・家康 関ヶ原の知られざる真実』(日経ビジネス人文庫)からお届け...
別窓で開く

百年前も「国葬」の是非で大論争!大隈重信「国民に熱烈支持された理由」
 この秋、安倍晋三元首相の葬儀を巡り、国論が二分した。 ちょうど一〇〇年前の大正一一年(1922)にも元首相の葬儀について「国葬」にすべきかどうか、当時の新聞で話題になっていた。それが大隈重信。早稲田大学の創設者で知られる明治の政治家だ。...
別窓で開く


[ 早稲田大学 ] の関連キーワード

大河ドラマ 関ヶ原 モニカ