本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【キャンプ展望:ヤクルト】新助っ人ケラはマクガフの穴を埋められるか。リーグ3連覇のカギを握る新戦力の台頭<SLUGGER>
当然と言えば当然の補強だった。 リーグ3連覇を目指すヤクルトはこのオフ、新外国人投手としてケオーネ・ケラを獲得した。メジャー通算243試合で通算28セーブ、防御率3.33という実績を誇る右腕の獲得は、昨季までクローザーを務めていたマクガフの穴埋めを狙ってのことだ。 リーグ2連覇を果たした過去2年のチ...
別窓で開く

小沢一郎氏「岸田総理は自分達は『特権階級だ』という認識」長男の観光疑惑を猛批判
立憲民主党の小沢一郎衆議院議員が1月26日のツイッターで、岸田文雄首相の長男に関する疑惑を猛批判した(アカウントは事務所名義)。 岸田首相の長男で秘書官を務める翔太郎氏は、欧米歴訪に随行。その途中、イギリスのロンドンやフランスのパリで公用車を用いて、観光や買い物を行っていたと『週刊新潮』(新潮社)に...
別窓で開く

「ネッシー生け捕り」「ツチノコ発見」「妖精15センチおじさん」……。夕刊スポーツ紙「東京スポーツ」が他社とは一風変わった記事を掲載するのはなぜか。ライターの岡田五知信さんの著書『起死回生 東スポ餃子の奇跡』(MdN)より、一部を紹介する——。■眉唾物の記事でも読者は決して怒らない東スポが娯楽性を重視...
別窓で開く

「初めての人はダメ」芥川賞作家・本谷有希子が「拷問」に遭った本とは?
 芥川賞作家の本谷有希子さんは、家庭では2児の母だ。今は毎日図書館に入り浸らせているという。(本屋に行くと)あの人たちね、何でも欲しいって言うんですよ(笑)。(私も)「本だったら何でも買っていいよ」って言っちゃうじゃないですか。ちょっとやっぱりまだ早いんですよね、本屋に行って「選んでいいよ」ってする...
別窓で開く

【書方箋 この本、効キマス】第3回 『ヴァギナ・モノローグ』イヴ・エンスラー著/鄕橋 秀実
■ハートが意味するものは テレビのスポーツ中継などを観ていると、近頃の若者たちは、決まってカメラに向かってハートマークをつくる。かつては指を2本立ててピースサインを出していたような気がするが、今は両掌を丸めてハートマーク。ハートというくらいなので、てっきり心臓を模していると思い込んでいたのだが、そう...
別窓で開く

「食わず嫌いせずに食べてみて」 永井紗耶子さんに聞く、時代小説の魅力
 小説は好きだけれど、歴史ものや時代ものと聞くと、なんだかハードルが高くて触手が伸びないという方もいるのでは。しかし、時代小説は伝記や剣豪ものばかりではなく、人情ものから恋愛、ミステリーなど、さまざまなジャンルのエンターテインメントの宝庫だ。小説好きなら読まなければもったいない。...
別窓で開く

日向坂46宮田愛萌「大人っぽい写真に」 チラリ肩見せで“あざとポーズ” 特典ポストカード第3弾
アイドルグループ・日向坂46からの卒業を発表した宮田愛萌(24)の初の小説集『きらきらし』(2月28日発売/新潮社)より、封入特典ポストカードの絵柄第3弾が公開された。 ポストカード全3種はすべて書籍未掲載のカットになっており、1冊につき1種がランダム封入される。...
別窓で開く

アパレルショップで働く85歳の女性、毎日ごきげんに暮らすコツって
ごく普通のおばあさんが、79歳にしてアパレル会社のスタッフに。小畑滋子さんが綴るのは、いくつになっても起こりうる小さな奇跡の積み重ね。『85歳、「好きなこと」を続けるごきげん暮らし』(大和書房)は、現在85歳の小畑さんの「お気に入り」が詰まった1冊です。 昭和12年、太平洋戦争の渦中に生まれた小畑さ...
別窓で開く

認知症とはどんな病気なのか。ノンフィクション作家の髙橋秀実さんは「認知症と判定された父には、典型的な症状である『取り繕い反応』がみられた。調査員から『朝食は何を食べましたか?』と聞かれて、ニコニコしながらまるっきりのウソを答えたのだ」という——。(第1回)※本稿は、鄕橋秀実『おやじはニーチェ』(新潮...
別窓で開く

宝塚歌劇団 月組『応天の門』『Deep Sea -海神たちのカルナバル-』千秋楽公演のライブビューイング開催決定
宝塚歌劇団 月組が3月6日(月) 宝塚大劇場にて上演する、平安朝クライム『応天の門 -若き日の菅原道真の事-』、ラテン グルーヴ『Deep Sea -海神たちのカルナバル-』千秋楽の模様を全国各地の映画館にてライブビューイングすることが発表された。...
別窓で開く