本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



真の逸材を多く指名できた球団はどこ? 「ドラフト候補ランキング」で振り返る2023年ドラフト<SLUGGER>
10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議。成功だったかどうかは先々になるまでは分からないが、現時点で相対的に見て評価の高かった選手を多く獲得できたかという点について採点したい。選手の事前評価については、ドラフト直前に公開した下記の『ドラフト候補ランキング』を参考にしてもらいたい。...
別窓で開く

【有識者ARAのドラフト採点】バランスの良さが光ったオリックスが最高評価。狙い通り常広獲得に成功した広島は...<SLUGGER>
今年は投手の豊作年とあって、2巡目までに19人、支配下指名72人中47人を占める空前の投手ドラフトになった。故に、チーム事情に合わせた野手を逃さず指名できたかも重要と言えよう。投手と野手の顔ぶれだけでなく、編成上の狙いや将来の見通しなどを加味して評価した。【氏原英明のドラフト採点:セ・リーグ編】リー...
別窓で開く

【氏原英明のドラフト採点:セ・リーグ編】リーグ優勝の阪神はドラフトでも成功。渡会を狙った中日、DeNA両球団の評価は……?<SLUGGER>
10月26日に行われた2023年ドラフトは、ここ数年では最も難しかっただろう。 投手は1巡目まではそれなりの人材がいたが、野手は特に限られていた。チームの補強ポイントがくっきりと見えていても、そこを埋めるだけの人材は果たしているのか。果たしてどこを重視するのか、その難しさがあった。...
別窓で開く

ヤクルトのドラ1指名・西舘昂汰ってどんな選手? 長い手足から繰り出すスライダーが武器。馬力にも定評がある“もう一人の西舘”
10月26日に行われたドラフト会議で、ヤクルトが西舘昂汰(専修大)を外れ1位で指名し、交渉権を獲得した。彼が一体どんな選手なのかを紹介しよう。...
別窓で開く

【ドラフト1巡目まとめ】“東都六人衆”の一角・武内は3競合の末、西武が交渉権獲得。高校No.1投手の前田はソフトバンクへ
10月26日のプロ野球ドラフト会議は、全球団の1巡目指名が終了した。【2023ドラフト候補ランキング最終版|1〜10位】東洋大・細野、青山学院大・常広、国学院大・武内...1位は果たして<SLUGGER> 9球団が指名選手を公表していた昨年とは異なり、事前の指名公表は4球団のみと、またひと味違った情...
別窓で開く

【2023ドラフト候補ランキング最終版解説】大学生好投手が集まる中でも”東都四天王”は別格。野手では渡会、上田に1位の可能性<SLUGGER>
10月12日に高校生と大学生のプロ志望届提出が締め切られたが、最大の目玉と見られていた佐々木麟太郎(花巻東)がアメリカの大学進学を目指して提出を見送ったことで、完全に大学生投手が中心となった印象が強い。...
別窓で開く

阪神は大山の後継者スラッガー、広島は長くチームの中心となる高校生が必要【2023ドラフトで狙うべき選手:セ・リーグ】<SLUGGER>
ドラフト会議まであと約1ヵ月となり、各球団の動向が注目される時期となった。今年は大学生の投手と高校生のスラッガーに上位候補が多いと言われているが、果たして狙うべき選手は誰なのか。各球団の現状から探ってみたいと思う。今回はセ・リーグの6球団だ。【2023ドラフト候補ランキング|1〜10位】東洋大・細野...
別窓で開く

【どこよりも早い2023ドラフト候補ランキング│31〜50位】仙台育英・仁田、山形中央・武田など有力高校生左腕が登場<SLUGGER>
2022年のドラフト会議が終わってまだ2ヵ月余り。だが、プロ野球12球団のスカウトたちはすでに23年のドラフトに照準を定めている。年間400試合以上もアマチュア野球を取材するスポーツライターの西尾典文氏が、現時点での23年ドラフト候補ランキングを選定した。まずは31〜50位を紹介しよう。...
別窓で開く

逸材を最も多く指名できた球団はどこなのか? 「ドラフト候補ランキング」から振り返る2022年のドラフト<SLUGGER>
10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議。思惑通りの指名ができたかなどの考察も多いが、今回は補強ポイントについては度外視し、単純に選手の実力と将来性のみで各球団の採点を行ってみたい。採点はA、B、C、Dさらに+、無印、−をつけて12段階になるようにした。また選手の評価については、下記のドラフト会議...
別窓で開く

有識者ARAのドラフト通信簿:野手の豊作年に世代屈指の長距離砲を指名した巨人とオリックスが最高評価。一方で中日とソフトバンクは意図が見えず評価が伸び悩む<SLUGGER>
今年のドラフトは、投手より野手が豊作な年とあって、野手は2巡目までに11人が指名された。一方、即戦力重視の球団が投手を欲し、中でも社会人投手は2巡目までに4人指名されるなど、多様性が見られた。よって、市場のトレンドと球団の事情に合わせてバランス良い指名ができたか、という観点で評価した。ウェーバー順で...
別窓で開く


<前へ12次へ>