本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



暑い日はやっぱりかき氷! 編集部が選ぶ東京の絶品「かき氷」4選
食楽web 今や夏だけではなく1年を通して提供しているお店も増えてきた人気スイーツ「かき氷」。それでもやはり1番食べたくなるのは夏ではないでしょうか? 昔はただ削った氷にシロップをかけるだけ、というイメージのスイーツでしたが、今や氷の削り方から盛り方、かけるソースの素材まで店主のこだわりが感じられる...
別窓で開く

『陰陽師』『のぼうの城』『七つの会議』『風立ちぬ』…狂言師・野村萬斎が映画で演じた役に共通する“一つの人物像”とは
 日本の伝統芸能「能楽」とは、能と狂言を合わせて言う言葉である。野村萬斎さんは狂言方の後継ぎとして生まれ育ち、今では映画やテレビでも活躍する人気俳優となった。 ここでは、明治大学大学院講師であり、横浜能楽堂の芸術監督でもある中村雅之さんの著書『 野村萬斎 』(新潮新書)より一部を抜粋。...
別窓で開く

NHK「プロフェッショナルの流儀」で紹介され話題沸騰! 1200年続く京都の伝統工芸・西陣織の織物(テキスタイル)が、ディオールやシャネル、エルメス、カルティエなど、世界の一流ブランドの店舗で、その内装に使われているのをご存じだろうか。衰退する西陣織マーケットに危機感を抱き、いち早く海外マーケットの...
別窓で開く

片桐仁、千利休の茶器を思わずスルー!? 金沢市立中村記念美術館で茶器の名品を堪能
TOKYO MX(地上波9ch)のアート番組「わたしの芸術劇場」(毎週金曜日 21:25〜)。この番組は多摩美術大学卒で芸術家としても活躍する俳優・片桐仁が、美術館を“アートを体験できる劇場”と捉え、独自の視点から作品の楽しみ方を紹介します。1月29日(土)の放送では、「金沢市立中村記念美術館」で奥...
別窓で開く

嫌われ者だった石田三成を“守った”利家と“責めた”家康
■秀吉のお気に入りだった石田三成の功労石田三成についてお話ししましょう。秀吉が長浜城主になって間もない頃、鷹狩りにでかけたときに、観音寺(米原市の大原観音寺説が有力)という寺院で小僧をしていた少年が、気が利いて利発そうだというので、小姓に採用したのです。その名を佐吉と言いました。...
別窓で開く

苦境のライオンズへ。文化放送の名物アナが届けた“魂のメッセージ”
 ラジオの良さは大いなるマンネリにある。 時間が来れば同じ音・声が聴こえてきて、その音と日常生活のリズムが無意識のうちに重なっている。それが日々の生活に安心感を与えてくれる。 ラジオの野球中継も例にもれずそういうものだ。解説者と実況アナウンサー、聴き慣れた声に聴き慣れた球場の音。...
別窓で開く

「能の稽古で忙しい」自分を主人公にした作品を残した秀吉
■秀頼のことが心配でしかたなかった秀吉「露と落ち 露と消えにし 我が身かな なにはのことは 夢のまた夢 」という美しい辞世の句を残して秀吉が亡くなったのは、慶長3年(1598年)の8月11日のことでした。辞世の句というのは、本当に死ぬ間際で詠むものでなく、あらかじめ用意しておくもので、この句も私の秘...
別窓で開く

プライドの高さが仇! 秀吉が千利休に切腹を命じた真相
■秀吉もビックリ! 弟・秀長の財テク術天正17年(1589年)5月27日に、茶々の大手柄で鶴松が淀城で生まれました。そして、次の年には、小田原征伐で勝利を収めて天下が統一され、秀吉は幸福の絶頂にありました。ただ気がかりなのは、弟の大和大納言秀長の体調があまり良くないことでございました。...
別窓で開く

千利休切腹の歴史ミステリーを茶道宗匠が解く——『お茶と権力』
この本のサブタイトル「信長・利休・秀吉」の3人は小説やテレビドラマによく登場する戦国時代のヒーローである。信長、秀吉に重用された利休が切腹に追い込まれて果てるが、その真相は謎であり、様々な解釈がなされてきた。今回その謎解明に迫るのが茶道流派の大日本茶道学会会長、田中仙堂氏(本名・秀隆)。田中氏は茶人...
別窓で開く

「おもてなし」の語源とは。 「凛とした心」を、茶道でそだてる。<最終回>
 何にも乱されず、凛として穏やか。そんな内面をつくってくれるのが、茶道だ。しんとした空間で、相手のことだけを思ってお茶を点てる。その心得と礼儀作法が、美しい心を育ててくれる。 さらには、生活習慣・所作・コミュニケーション力・「和」の知識・健康などなど......お茶は、私たちにさまざまなよいことをも...
別窓で開く


[ 千利休 ] の関連キーワード

ライオンズ 文化放送

<前へ1234次へ>