本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



佐藤勝利主演『赤いナースコール』6話 異例の“注意テロップ”を入れるほどの恐怖に注目「覚悟しとかなきゃ」
人気グループ・Sexy Zoneの佐藤勝利が主演を務める、テレビ東京・ドラマプレミア23『赤いナースコール』(毎週月曜 後11:06)の第6話が、15日に放送される。同話は、前話以上に怖い内容となっており、冒頭に注意テロップを入れて放送する。 同作は、企画・原作を秋元康氏が手がけ、病院を舞台にしたミ...
別窓で開く

『独学大全──絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』著者の読書猿さんが「勉強が続かない」「やる気が出ない」「目標の立て方がわからない」「受験に受かりたい」「英語を学び直したい」……などなど、「具体的な悩み」に回答。今日から役立ち、一生使える方法を紹介していきます。※質問は、著者の...
別窓で開く

福島グルメのおいしさとエピソードを紹介!日本テレビ系「奇跡のごはんドラマ 〜感動秘話ごといただきます〜」
福島中央テレビが2022年8月21日全国ネットで放送する「奇跡のごはんドラマ 〜感動秘話ごといただきます」苦境を乗り越えた激動エピソードや、アイデアの転換による逆転の発想…難しい時代だからこそ見たくなるドラマと、そのグルメのおいしさをお届けする再現ドラマで描くグルメバラエティです。...
別窓で開く

《白昼の強盗殺人》「首にはうっすらと赤くなった手の痕が…」近所から慕われた高齢女性を素手で絞めた31歳容疑者の“狂気”と“短絡的な犯行理由”
 住宅街の細い路地にサイレンを響かせて警察官が駆けつけたとき、男は何も持たず、じっと道に立ったままそれを待ち受けていた。夕刻が迫ってもまだ陽は高く、30度を超える気温の中、涼しい気配さえ漂わせながら。「ここです。こっちです」 おとなしく、落ち着いた素振りさえ見せるその様子に、声をかけられた警察官も面...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■おふたりさまのうちにできる準備を進めよう「週刊ダイヤモンド」(2022年7月16・23...
別窓で開く

【本棚を探索】第21回『実力も運のうち 能力主義は正義か?』マイケル・サンデル著/濱口 桂一郎
■功績重視に疑問呈す 2019年度の東大入学式の祝辞で、上野千鶴子は2つのことを語った。前半では「大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています」と、将来待ち受けるであろう女性差別への闘いを呼びかけ、後半では「がんばったら報われるとあなたが...
別窓で開く

松村雄基、大映ドラマ不良役は“悔しさ”が原動力 芸歴40年超も「ようやくスタートライン」
『不良少女とよばれて』や『スクール☆ウォーズ』『乳姉妹』(いずれもTBS系)など数々の大映ドラマで、ギラギラとした存在感を発揮した松村雄基。俳優デビューから40年以上が過ぎ、来年は還暦を迎える彼だが、「ここまであっという間でした。なんのためにこの仕事をしているのかということが、少し分かりかけてきたよ...
別窓で開く

2時間でわかる! 上野千鶴子が教える、日本のフェミニズムが歩んできた道のり
 『フェミニズムがひらいた道』(NHK出版学びのきほんシリーズ)が発売された。著者は、社会学者の上野千鶴子さん。2時間で読み終えられる入門書だが、そのタイトルに日本のフェミニズムをひらいてきた女性たちへのリスペクトを感じる。フェミニズムが生まれた時の日本の女性たちの状況は?その道のり、エポックとなる...
別窓で開く

河瀨直美監督のほかにも話題を集めた東京大学入学式祝辞
4月12日に東京大学の入学式が行われ、そこで映画監督の河瀨直美氏が述べた祝辞の内容が物議を醸している。河瀨氏はロシアのウクライナ侵攻を引き合いに出し、「ロシアという国を悪者にすることは簡単である」と述べ、「自分たちの国がどこかの国を侵攻する可能性があるということ自覚する必要がある」と話した。...
別窓で開く

母は不幸な主婦だった。上野千鶴子が「最後の講義」で語った原体験
 今年3月7日、英誌『エコノミスト』では先進国を中心とする29カ国を対象に、「女性の働きやすさ」を指標化した2021年のランキングを発表。首位は2年連続でスウェーデン、上位4カ国を北欧諸国が占めた。一方、日本はワースト2位の28位、最下位は韓国で、いずれも6年連続で変わらない。...
別窓で開く


[ 千鶴子 ] の関連キーワード

日本テレビ 東京大学 サンデル マイケル 自衛隊

<前へ123次へ>