本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



早川千絵監督一目ぼれの河合優実「若い人に見てもらいたい」…映画「PLAN 75」舞台あいさつ
 女優の河合優実が3日、大阪市内で絶賛上映中の映画「PLAN 75」の舞台あいさつに、早川千絵監督と登壇した。 超高齢化社会に対応すべく、満75歳から自らの生死の選択権を与える社会制度「プラン 75」が施行された近未来の日本を描いた今作。...
別窓で開く

映画『PLAN75』がヒット 倍賞千恵子からメッセージ&貴重なカラオケシーン解禁
俳優の倍賞千恵子(80)が主演する映画『PLAN 75』(公開中)。今月17日より全国90館で公開され、各地で満席の回が続出する大ヒットスタートを切った。7月には公開館が100館を超える予定となっている。主演の倍賞のコメント映像と、劇中のカラオケシーンが公開された。...
別窓で開く

『PLAN 75』倍賞千恵子が「林檎の樹の下で」を歌うカラオケシーンが公開 監督はあえて下手に歌うようにリクエスト
現在公開中の映画『PLAN 75』より、主演の倍賞千恵子の誕生日、6月29日を記念して、倍賞が「林檎の樹の下で」を歌う本編映像が公開となった。第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門正式出品され、カメラドール特別表彰を授与された本作は、超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら...
別窓で開く

『PLAN 75』大ヒットを受けて特別コメント映像公開 倍賞千恵子「劇場にいらしてください」
全国公開中の映画『PLAN 75』より、倍賞千恵子のコメント映像が公開された。第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門正式出品され、カメラドール特別表彰を授与された本作は、超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の...
別窓で開く

<カンヌ受賞監督の特別対談>「生きるに値しない命などあるのか」を問う
3年ぶりに通常開催された第75回カンヌ国際映画祭において、2人の日本人監督の作品が注目された。斬新な若手作品を集めた「ある視点部門」では『PLAN 75』の早川千絵監督が新人監督賞の特別表彰を受ける。そして是枝裕和監督の『ベイビー・ブローカー』は主演ソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞。カンヌを沸かせた...
別窓で開く

倍賞千恵子、81歳の抱負「これからも精進」 命への思いも語る
俳優の倍賞千恵子(80)、磯村勇斗(29)が18日、都内で行われた映画『PLAN 75』の公開記念舞台あいさつに登壇した。 物語の舞台は、少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度<プラン75>が国会で可決・施行された。さまざまな物議を醸していたが、超高齢化問題の解決...
別窓で開く

倍賞千恵子、81歳の誕生日サプライズに感激「これからも精進して参ります」
女優の倍賞千恵子が18日、都内で行われた映画『PLAN 75』の公開記念舞台あいさつに、共演の磯村勇斗、ステファニー・アリアン、早川千絵監督と共に出席。29日に81歳の誕生日を迎える倍賞に花束が贈られる場面があり、倍賞は「これからも精進して参ります」とほほ笑んだ。...
別窓で開く

映画『PLAN 75』磯村勇斗インタビュー、「“生きる”ということに対して何かを感じられる作品になっている」
75歳以上の高齢者に自ら死を選ぶ権利を保障し支援する制度“プラン 75”——そんな制度が施行された世の中で、それぞれの選択を迫られる人々を描く映画『PLAN 75』が、6月17日より公開される。早川千絵監督が、第75回カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)の次点に当たる特別表彰を受けたことでも...
別窓で開く

やくみつる☆シネマ小言主義〜『PLAN?75』/6月17日(金)より全国公開
?2022『PLAN?75』製作委員会/Urban Factory/Fusee『PLAN?75』監督/早川千絵出演/倍賞千恵子、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、ステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美配給/ハピネットファントム・スタジオ長編初監督作品で、今年のカンヌ国際映画祭で「ある視点」部門に出...
別窓で開く

中森明菜「お母ちゃんの遺体見たくない」母の死から始まった27年間“家族断絶”の真実
'87年、日本武道館で行われた『全日本歌謡音楽祭』で『難破船』を歌う明菜■「母が亡くなり、明菜とも会えなくなって、もう27年になりますね……」 中森明菜の母・千恵子さんが眠る墓に手を合わせた後、ゆっくりと目を開く。墓石を見つめ、そう静かに語ったのは、3つ上の実兄だ。...
別窓で開く


[ 千恵子 ] の関連キーワード

plan カンヌ みつる

<前へ12345678次へ>