本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


〈鎌倉殿の13人〉気鬱に悩まされ、ニ十歳で病死 父・頼朝に翻弄され続けた「大姫」の実像とは
 放送開始から約半年が過ぎたNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。前回23話では曾我兄弟の仇討ち(1193年)が描かれた。すると近づいてくるのが、南沙良(19)が演じている大姫の死(1197年)。大泉洋(49)扮する源頼朝の第1子である。史書を基に大姫の実像に迫りたい。...
別窓で開く

「鎌倉殿の13人」範頼・迫田孝也が新境地!引いた“静の芝居”義村の“クソ真面目なカバ”「言い得て妙」
 ◇「鎌倉殿の13人」源範頼役・迫田孝也インタビュー(上) 中盤に差し掛かり、一段と神がかるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)。俳優の迫田孝也(45)が今作随一の“いい人”源範頼役を好演し、新境地を開拓した。迫田に撮影の舞台裏を聞いた。 <※以下、ネタバレ有> 稀代の喜劇作家・三谷...
別窓で開く

〈鎌倉殿の13人〉源頼朝と映画・仁義なき戦い「山守組組長」の意外な共通点
 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の人気を高めた最大の功労者は大泉洋(49)による源頼朝ではないか。群衆劇は強烈な憎まれ役がいたほうが面白くなる。過去にも頼朝と似た憎まれ役がいた。故・金子信雄さんが演じた山守義雄だ。名作映画「仁義なき戦いシリーズ」(1973〜74年)の山守組組長である。...
別窓で開く

柄本時生、離婚。二世芸能人の悲喜こもごも7選
世代交代の波が押し寄せる芸能界。親が有名な二世タレントが大活躍しています。でもみんながみんなオイシイ思いをしているわけでもなさそう。 時代の流れに乗れた人、ちょっとつまづいちゃった人。二世芸能人の悲喜こもごもをどうぞ。◆①柄本時生、離婚 父・柄本明 母・角替和枝さん 柄本時生は、父が柄本明、母が故・...
別窓で開く

『鎌倉殿の13人』鎌倉武士の鑑と称された畠山重忠の生涯と二俣川の戦い 「鎌倉殿」とゆかりの地(第10回)
文=鷹橋 忍秩父平氏の嫡流・畠山重忠 十三人の合議制のメンバーには入っていないが、今回は、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の作中で、「御家人のなかで一番の凜々しさ」と称された、中川大志演じる畠山重忠を取り上げたい。...
別窓で開く

源 頼朝と鎌倉幕府13人の重臣を描いた国民的歴史ドラマに登場したゆかりの地を紹介!
源 頼朝と鎌倉幕府13人の重臣を描いた国民的歴史ドラマが2022年の1月から放送され、話題となっています。ノジマでは昨年、鎌倉市に200店舗目の「東急ストア鎌倉店」を出店したことを記念に、鎌倉市観光協会オリジナルのキャラクター「義時くん」をはじめとした、鎌倉幕府の13人の重臣とコラボした取り組みを実...
別窓で開く

“菅田義経”の最期にネット上で「チンギスハンになった説」が急浮上
 俳優・小栗旬主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)の第20話が5月22日に放送され、菅田将暉演じる源義経の最期が描かれ大きな話題となっている。 今回の大河ドラマは、野心とは無縁だった伊豆の若武者・北条義時(小栗)が鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝(大泉洋)に見出され、やがて武家の頂点に上り詰めてい...
別窓で開く

『鎌倉殿の13人』静御前はその後、どう生きたか
 5月22日、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第20話では、静御前(石橋静河)が登場し、源頼朝(大泉洋)の前で舞を披露する。愛する源義経(菅田将暉)をかばい、頼朝の前で義経を慕う歌を唄った静。ここまではよく知られているのだが、彼女のその後はあまり知られていない。今回は、その後の静御前について紹介する。...
別窓で開く

『鎌倉殿の13人』“義経”菅田将暉、無言の鎌倉入りにネット涙「悲劇すぎる…」(ネタバレあり)
小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第20回「帰ってきた義経」が22日に放送され、義経(菅田将暉)が“無言の鎌倉入り”を果たすラストに、ネット上には「涙腺崩壊…」「悲劇すぎる…」といった投稿が相次いだ。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください) 京を離れ、...
別窓で開く

〈鎌倉殿の13人〉義経と弁慶の最期は「吾妻鏡」「玉葉」でどう描かれているのか
 三谷幸喜氏(60)が脚本を書いているNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が第20話を迎える。菅田将暉(29)の源義経が、大泉洋(49)扮する源頼朝に追い詰められる。史書には義経の死がどう書かれているのか。『吾妻鏡』や『玉葉』などを確認してみたい。大河では佳久創(31)が演じている武蔵坊弁慶の活躍はあ...
別窓で開く


[ 静御前 ] の関連キーワード

二俣川

<前へ123次へ>