本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



松坂大輔も音を上げた。野球部OBが振り返る小倉コーチの猛練習と横浜高校あるある
横浜高校野球部OBインタビュー 後編 前編から読む>>黄金期をもたらした猛練習と「横浜高校あるある」 高校野球界の名門・横浜高校で、多村仁志(元横浜・ソフトバンク)や斉藤宣之(元巨人・ヤクルト)と外野陣を形成し、甲子園に春夏連続出場(1994年)を果たした山本哲也氏。...
別窓で開く

松坂大輔への手紙 「平成の怪物」をつくった男が明かす自負とジレンマ(小倉清一郎)
【松坂、筒香を育てた小倉清一郎 鬼の秘伝書】 7日朝に大輔から電話をもらい、「引退します。小倉さんには一番、お世話になりました。本当にありがとうございました」と引退報告を受けた。40歳か。日米で23年間プレーし、日本で114勝、大リーグで56勝、通算170勝。「平成の怪物」をつくり出したのは私だとい...
別窓で開く

■家族で醸す小さな蔵のしなやかで力強い純米酒 大塚酒造の6代目で杜氏の大塚清一郎さんは剣道5段の腕前で、竹刀を櫂棒に持ち替え、純米酒造りに精魂を込める。妻の亜希子さんは剣道3段、高校国体の試合で亜希子さんが一目ぼれし、結婚に至る。酒造りは夫婦と清一郎さんの両親だけという家内制手工の蔵だ。 清一郎さん...
別窓で開く

引退の松坂大輔が恩師・小倉清一郎氏に語った監督就任への意欲「ボクは野球でここまで…」
 残した偉業を挙げればキリがない。 7日に今季限りでの引退が発表された西武の松坂大輔(40)は、横浜高のエースとして1998年に甲子園春夏連覇をノーヒットノーランで達成。西武では1年目に16勝を挙げ、高卒新人としては実に45年ぶりとなる最多勝を獲得した。...
別窓で開く

“東の横綱”東海大相模・門馬監督「電撃退任」の裏側 センバツVに与える影響は?
 今春のセンバツで10年ぶり3度目の優勝を果たした東海大相模(神奈川)を率いる門馬敬治監督(51)が、今夏限りで退任することが決まった。健康上の理由で、6月30日の練習後に部員たちに伝えたという。門馬監督は1日、「心身の不調。センバツが終わった時期に決断した」と語った。 もともと首と心臓に持病がある...
別窓で開く

『ドラゴン桜』は『半沢直樹』にすがりすぎ!「春のがっかりドラマ」を斬る
(左上から時計回りに)鈴木亮平、吉岡里帆、櫻井翔、広瀬すず、長澤まさみ、阿部寛、石原さとみ、綾野剛 4月から始まった春ドラマも大方が最終回を迎えた。■春ドラマでがっかりしたのは……「■今期は『大豆田とわ子と三人の元夫』(火曜夜9時・フジテレビ系)をはじめとして各局よいドラマが多かっただけに7月からの...
別窓で開く

外岡秀俊の「コロナ 21世紀の問い」(41)精神科医・香山リカさんと考えるパンデミック下の心理
コロナ禍は私たちに多くのストレスを強いた。未知のウイルスそのものへの不安だけでなく、行動制限や生活様式の激変などで、私たちの日常は根底から揺らいでいる。このストレスにどう対処したらよいのか。精神科医で臨床体験も豊富な香山リカさんにうかがった。「ループ化」するジレンマ香山さんは札幌生まれの小樽育ち。...
別窓で開く

木南晴夏、「レンアイ漫画家」最終回で印象づけたコメディエンヌとしての演技力
 6月17日に最終回を迎えた「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)。最終的には視聴者の予想通り、鈴木亮平演じる刈部清一郎ことペンネーム刈部まりあは漫画を描く気力を取り戻し、吉岡里帆演じる久遠あいことの恋愛もするというハッピーエンドを迎えた。...
別窓で開く

『レンアイ漫画家』最終回ハッピーエンドに批判「ありえん」「どの面下げて…」
鈴木亮平が主演のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)の第11話・最終回が、6月17日に放送された。視聴者大満足の内容であったが、ある一点が物議を醸している。同作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、〝ダメ男ホイホイ〟と呼ばれるアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)という恋に...
別窓で開く

「こんなドラマになると思わなかった」「今期一番好き」 レンアイ漫画家、評価うなぎ上りで大団円
俳優・鈴木亮平さんが主演を務めるドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)の最終回が2021年6月17日に放送され、恋愛ドラマらしい爽やかなハッピーエンドに反響があがっている(以下ネタバレを含みます)。別れから1年。コミュ障漫画家が、パリピデイトレーダーに転身同作は、漫画一筋で恋愛下手な天才漫画家・刈...
別窓で開く


[ 清一郎 ] の関連キーワード

東海大相模 レンアイ うなぎ

<前へ12345678次へ>