本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



(プレスリリース)北は北海道から南は九州まで、列車の車内から見られる珠玉の絶景車窓を紹介『日本全国絶景車窓ガイド』を刊行
インプレスグループで鉄道・旅・歴史などのメディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山手章弘)は、2024年2月16日に、旅鉄ガイドシリーズ第6巻『日本全国絶景車窓ガイド』を刊行いたしました。鉄道旅をしていて、流れ行く車窓を見続けることは楽しいものです。そんな車窓の中...
別窓で開く

実は俊足! 35周年の快速「マリンライナー」 異形の編成 最高の車窓…なんて楽しいんだ!!
運行35周年を迎えた快速「マリンライナー」は、2階建て車両を連結して瀬戸大橋を渡る人気列車です。最高速度は130km/hで、表定速度で見ても特急並み。JR四国が話す「推し」も聞きました。展望席も備えたグリーン車 快速「マリンライナー」は、瀬戸大橋を渡って岡山〜高松間を結ぶ快速列車です。...
別窓で開く

姫路へも、伯備線へも! 勢力拡大227系「Urara」 JR西日本
来年1月20日からです。 JR西日本の新型227系電車500番台「Urara」が、2024年1月20日(土)からは姫路駅(兵庫県姫路市)や新見駅(岡山県新見市)へも顔を出します。「Urara」は2023年7月、山陽本線(岡山〜三原)や瀬戸大橋線(岡山〜児島)、伯備線(倉敷〜総社)などへ導入。...
別窓で開く

瀬戸内海のフェリー「昼行」はなぜ難しい? 数ある航路は夜行ばかり 最高に楽しい船旅なのに
瀬戸内海を縦断するフェリー「さんふらわあ」を昼に運航する特別クルーズは、3本の本四架橋や浮かぶ島々、行き交う船を眺めながらの船旅で高い人気を誇ります。フェリーは夜行便が主流ですが、昼の運航を増やすのは難しいのでしょうか。これ目当てで乗りに来る人が多い「さんふらわあ昼の瀬戸内海クルーズ」 瀬戸内海を縦...
別窓で開く

国鉄型117系、岡山・備後エリアから7月引退 JR西日本に聞く今後の体制
「Urara」は16両がまずデビューします!7/21をもって引退 来る2023年7月22日(土)、岡山・備後エリアで新型227系電車500番台「Urara」が運行開始します。線区と区間は山陽本線(岡山〜三原)、宇野みなと線(茶屋町〜宇野)、瀬戸大橋線(岡山〜児島)、伯備線(倉敷〜総社)で、2両編成8...
別窓で開く

岡山・備後エリアの新型227系「Urara」、7月運行開始 瀬戸大橋線へも
児島駅までですが。 岡山・備後エリアに2023年度から導入予定の新型227系電車500番台「Urara」は、7月22日(土)より運行を開始する見込みです。 導入線区は山陽本線(岡山〜三原)、宇野みなと線(茶屋町〜宇野)、瀬戸大橋線(岡山〜児島)、伯備線(倉敷〜総社)。なおJR西日本によると、区間や線...
別窓で開く

瀬戸大橋35年&駅弁の日30年! 岡山の「おにぎり駅弁」は?
【ライター望月の駅弁膝栗毛】「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。えびめしとたこ飯のおにぎり弁当青函トンネルと瀬戸大橋ができて、“一本列島”のキャッチフレーズが謳われた昭和63(1988)...
別窓で開く

旧HMも復刻! 四国色キハ185系「リバイバルうずしお」乗車&撮影会 瀬戸大橋35thで
普段は立ち入れない管理用通路から撮影できます。瀬戸大橋線の開通も35周年 JR四国と本州四国連絡高速道路は2023年4月9日(日)、瀬戸大橋および瀬戸大橋線の開業35周年を記念し「35周年瀬戸大橋スペシャルツアー」を開催。キハ185系気動車を団体臨時列車「リバイバルうずしお号」として運行するほか、普...
別窓で開く

大吊り橋の下の空間=“鉄道用”じゃないんです 実は落橋防止の工夫 教訓残した大事故とは
瀬戸大橋、明石海峡大橋、レインボーブリッジなど、大型吊り橋の橋桁の下には鉄鋼でできた箱型の空間があります。鉄道を通している橋もありますが、実はあれそのものが安全確保のために重要なのです。橋が揺れないようにする「補剛トラス」とは? 瀬戸大橋、明石海峡大橋、レインボーブリッジなど、大型の吊り橋には橋桁の...
別窓で開く


[ 瀬戸大橋 瀬戸大橋線 ] の関連キーワード

urara 岡山大学 瀬戸大橋 瀬戸内海 伯備線
北海道 マリン 西日本

<前へ123次へ>