本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「話し方」の本と比べると「聞き方」の本の数は少ない。だがそのことは「聞く」ことの重要度が低いことを意味するわけではない。相手のことを知り、自分のことを知り、新しいアイデアを生み出すためにも「聞く」ことは重要な役割を果たす。電通から独立してサントリー「角ハイボール」他のプロジェクトを手がけ、『非クリエ...
別窓で開く

働き方の多様化に伴い、会社から独立してフリーやプロの道を選ぶ者が増えている。彼らは自分をどう値付けし、クライアントから対価を得ているのか。電通から独立してサントリー「角ハイボール」ほかのプロジェクトを手がけ、『非クリエイターのためのクリエイティブ課題解決術』を上梓した齋藤太郎氏と、マッキンゼーなどの...
別窓で開く

<1年前のワイドショー> 菅首相(当時)長男の「接待問題」余波 忖度・萎縮の有無の実相
<1年前のワイドショー> 昨年(2021年)のいまごろは、菅義偉首相(当時)の長男の接待問題が政権を揺さぶっていました。長男が役員だった「東北新社」の関連会社が、監督官庁である総務省幹部を接待し、その現場を週刊文春が記事にしたのです。総務省はその後、接待を受けていたのは計12人で延べ38回だったと発...
別窓で開く

認知科学をベースに「無理なく人を動かす方法」を語った『チームが自然に生まれ変わる』は、マッキンゼーやネスレ、ほぼ日CFOなどを経て、エール株式会社の取締役として活躍する篠田真貴子さんも絶賛する「新時代のリーダー論」だ。多くのマネジャーが「従来のリーダーシップでは、もうやっていけない…」と実感している...
別窓で開く

認知科学をベースに「無理なく人を動かす方法」を語った『チームが自然に生まれ変わる』は、マッキンゼーやネスレ、ほぼ日CFOなどを経て、エール株式会社の取締役として活躍する篠田真貴子さんも絶賛する「新時代のリーダー論」だ。多くのマネジャーが「従来のリーダーシップでは、もうやっていけない…」と実感している...
別窓で開く

アサ芸名物「“裏”流行語大賞2021」(中)森喜朗は「落語ができない談志みたい」
 続いて、今年も政治家が裏流行語界で大活躍だ。2月に長男が総務省幹部を接待していた問題で「息子は別人格」と強弁したのは菅義偉前総理だった。「ここだけ切り取ると、まるで下半身スキャンダルを起こしたみたい。別人格の下半身が昇天とか」(お笑い芸人のユリオカ超特Q氏) ソフトボール・後藤希友選手の金メダルに...
別窓で開く

町田樹がフィギュアスケート界にもたらした「新常識」とは?
 「AERA(アエラ)2022年1月3・10日合併増大号」(朝日新聞出版)では、「価値観変える48人」と題し、従来の成功モデルや価値観が通用しないと言われるいま、自分や社会を変えてきた人々を特集している。 注目は、フィギュアスケートのトップ選手から研究者に転身した町田樹さんだ。...
別窓で開く

SNS、YouTube…… 「聞く」能力の低下をもたらすその危険性
フリーアナウンサーの柿崎元子による、メディアとコミュニケーションを中心とするコラム「メディアリテラシー」。今回は、「聞くこと」について—※イメージ言語化された鳴き声秋になると「リーン、リーン」「リー、リー」と虫の声が聞こえて来ます。四季がある日本は虫の声を風流に楽しみますが、国によっては...
別窓で開く

「報ステCM炎上」「名誉男性」…女性をめぐる”ねじれ”と日本の弱点
今年はコロナ禍、そして五輪問題と、さまざまな問題が山積みの波乱の年になりそうな予感がします。そのなかでジェンダー関連の課題も急浮上してきました。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森前会長の失言から始まって、「渡辺直美さんのブタ=オリンピッグ問題」、テレ朝の「報ステCM炎上」。さらに最近では...
別窓で開く

武田総務相とNTTの会食 総務省の接待疑惑はどこまで広がるのか
菅総理の長男が勤務する東北新社と総務省幹部の接触が取り上げられたかと思えば、NTTも交えた総務省の体質が問われる非常に注目される話題になりました。新たな事実が次々と発覚し総務省を取り巻く問題として取り上げられています。今回の事の発端は、菅総理の長男である菅正剛氏が勤務する放送事業会社である「東北新社...
別窓で開く


<前へ12次へ>