本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



コロナ禍もオッサン社会も"バブル"貫く「マリコ」の流儀
 エッセイの名手は数々いるが、ロングランの連載で群を抜いているのは作家の林真理子さんだろう。『週刊文春』では1983年8月4日号から、"時代を映すエッセイ"として「今宵ひとりよがり」がスタート。「今夜も思い出し笑い」「マリコの絵日記」「夜ふけのなわとび」とタイトルは変わったが、足かけ39年に及ぶ人気...
別窓で開く


<前へ1次へ>