本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



〈興行収入100億円突破〉「トム・クルーズに敬服」4人の元空自パイロットが「トップガン マーヴェリック」で興奮した場面とは
 トム・クルーズ主演で現在公開中の映画「トップガン マーヴェリック」。8月1日、配給先の東和ピクチャーズは、同作の興行収入が100億円を突破したことを発表した。動員数は642万人を超えるという(7月31日時点)。 映画公開から2カ月を超えてもなお人気の衰えない「トップガン」。その魅力とは一体何か。...
別窓で開く

大ヒット中の『トップガン』に見劣りしない東宝作品がある!——春日太一の木曜邦画劇場
 アメリカ軍におけるパイロット候補生たちの訓練と活躍の様を描いた『トップガン』の続編、『トップガン マーヴェリック』が大ヒット中だ。 筆者にとって一作目は映画を好きになり始めた頃の作品でもあり、今度の続編ではIMAXの大スクリーンに繰り広げられる航空アクションの迫力や、三十六年経っても変わることない...
別窓で開く

「トム・クルーズに敬服」4人の元空自パイロットが「トップガン マーヴェリック」で興奮した場面とは
「前作から36年が経っていますが、オールドパイロットが人生最後のミッションをどう乗り越えていくのか、自分のパイロット人生と重ねあわせて感じ入ってしまって。鑑賞中には思わず手をぐっと握ってしまいました」 トム・クルーズ(59)主演で現在公開中の「トップガン マーヴェリック」についてこう語るのは、元航空...
別窓で開く

「腕と度胸の勝負」で押し切る姿勢の頼もしさ…「トップガン」待望の続編! 「トップガン マーヴェリック」を採点!
■〈あらすじ〉マーヴェリック(トム・クルーズ)は米海軍史上最高のパイロットと称賛されていた。しかし、度重なる常識破りの行動が原因でテストパイロットの任を解かれ、エリート・パイロットの訓練校〈トップガン〉に赴任させられる。母校に戻った彼に課された任務は、12名の若いパイロットを訓練し、達成困難な極秘ミ...
別窓で開く

東京オリンピック映画が“無観客”状態で大爆死!「藤井風の無駄遣い」
河瀬直美 (C)Denis Makarenko / Shutterstock公開前から多くの批判を集めていた映画『東京2020オリンピック SIDE:A』。6月3日から全国公開が始まったものの、各地で東京五輪と同じく〝無観客〟状態だったようで、近年稀に見る大爆死となっているようだ。...
別窓で開く

『ポップUP!』打ち切りへ…? プロデューサーのパワハラ発覚で存続の危機
(C)Krakenimages.com / Shutterstock今年4月の放送開始当初から、既視感のある企画やステマ疑惑などでたびたび炎上している昼の情報番組『ポップUP!』(フジテレビ系)。そんな同番組に追い打ちをかけるように、『週刊文春』から最悪なニュースが舞い込んできた。...
別窓で開く

河瀨直美監督の五輪記録映画 カンヌで絶賛も公開初日から空席だらけ!客ゼロの回も
河瀨直美監督(53)が総監督を務めた東京五輪公式記録映画『東京2020オリンピック SIDE:A』。河瀨監督が代表を務める映像制作会社「組画」の公式サイトでは、《オリンピックという大きな舞台で、精一杯鍛錬してきたアスリートたちの姿を中心に5000時間750日間を越える記録とその記憶を凝縮しています》...
別窓で開く


<前へ1次へ>