本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



高級住宅街で起きた交通事故に「女はなんとか繕おうとし、男は…」ナンニ・モレッティ監督が描く“男女の違い”とは
 ある夜、ローマの高級住宅街のアパート前で起きた交通事故。それは、ここに住む三家族それぞれに衝撃を与えその運命を大きく変えていく。 監督は『息子の部屋』でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞したナンニ・モレッティ。俳優としても活躍し、『3つの鍵』では堅物の裁判官の役で出演している。ただし独特のユー...
別窓で開く

「このカフェに入ってきた最初の女性と結婚する」…愛する妻を理解できない“伝統的な男性”を女性監督のまなざしで描く
 1920年のマルタ共和国、独身の船長ヤコブは「このカフェに入ってきた最初の女性と結婚する」と宣言し、美しき女性リジーとすぐに結婚する。だが長年男たちに囲まれ海上生活を送っていたヤコブは、パリの社交界で浮名を流してきたリジーに振り回されるばかり。嫉妬や疑念が渦巻き、二人の結婚生活は混乱に満ちたものに...
別窓で開く

「すごい汗で、下着を1日に3組ぐらい取り替えて」 加賀まりこ78歳が明かす、“罰”と思うほどひどかった50代の更年期
「私の連れ合いの息子が、自閉症なんです。すごく可愛いのよ」 加賀まりこ78歳が60代で育んだ新しい“家族” から続く 17歳でデビューし、20歳でひとり、パリに逃避。写真家・立木義浩に乞われ、27歳でヌード写真集を出版。シングルマザーとして27歳の時出産した子は、わずか7時間でこの世を去った——...
別窓で開く

PTSD、息子の死…戦争で傷を負った元女性兵士たちが必要とする、“生き延びるための後ろ盾”とは 「戦争と女の顔」を採点!
■〈あらすじ〉 1945年、第二次世界大戦直後のレニングラード。戦禍で街は荒廃し、市民も心身ともにボロボロになっていた。多くの傷病軍人を収容する病院で働く看護師のイーヤ(ヴィクトリア・ミロシニチェンコ)は、PTSDによる発作が原因で、育てていた男児を死なせてしまう。 そこに、男児の産みの親で戦友のマ...
別窓で開く

「藤井風が突然降板」河瀬直美監督、“文春反撃署名”か?消えた理由
「映画監督としてのスキルを全部投入して作り上げた」 そう語るのは東京五輪公式記録映画「東京2020オリンピック」の総監督を務めた河瀬直美氏(53)。アスリートを描いた「SIDE:A」と運営側に迫った「SIDE:B」の2部作が連続して公開されたが、ある“トラブル”も……。...
別窓で開く

「赤ちゃんポスト」を介して出会った人々の旅…是枝裕和監督最新作 「ベイビー・ブローカー」を採点!
■〈あらすじ〉釜山で古びたクリーニング店を営むサンヒョン(ソン・ガンホ)は借金を抱えていた。児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)と組み、何らかの事情で子どもを欲しがっている夫婦に盗んだ赤ん坊を売り渡す、〈ベイビー・ブローカー〉を裏稼業にしていた。ある土砂降りの夜、ドンスが働く施設の〈赤ちゃん...
別窓で開く

渦中の河瀬監督の五輪映画、早くも大爆死が確定? イメージダウン必至か
「国内映画ランキング」(興行通信社提供)が6日に発表されたが、3日に大規模公開となった東京五輪の公式記録映画「東京2020オリンピック SIDE:A」(河瀬直美監督)はトップ10圏外で、集客に苦戦していることが明らかになってしまった。 同映画は五輪開催に至るまでの約750日、5000時間の記録を元に...
別窓で開く

暴行報道で渦中の河瀬監督、帰国後の対応に注目が集まる
映画監督の河瀬直美氏が25日(日本時間26日未明)、フランスで開催中のカンヌ国際映画祭で行われた、同映画祭のクラシック部門(カンヌ・クラシック)に選出されているドキュメンタリー映画「東京2020オリンピック SIDE:A」(6月3日公開)の公式上映に出席。上映後に大きな拍手を浴びたことを、各メディア...
別窓で開く

「週刊文春WOMAN」が高コスパ。40〜50代女性が読みたいこと、詰まってます!
「週刊文春WOMAN 2022 創刊3周年記念号」が2021年12月21日に発売された。巻頭カラーページのテーマは、「紙の雑誌だからできること」。雑誌が次々と休刊する時代、紙に印刷された「じっくり醸成されたことば」だからこそ、伝わることがあるのではないかと、問いかける。...
別窓で開く


<前へ1次へ>