本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



河瀬直美監督 再びの暴行疑惑報道に批判殺到…五輪記録映画の公開中止求める声も
「コロナ禍もあって、5年ぶりのカンヌ。また戻ってこられてうれしいのと、たくさんの人が待っていてくれていたこともうれしかった」こう語ったのは、映画監督の河瀬直美氏(52)。5月25日(現地時間)にフランスで開催された「第75回カンヌ国際映画祭」で、河瀬氏が総監督を務めた東京五輪公式記録映画『東京202...
別窓で開く

野党「まずは我々に説明すること」細田衆院議長のセクハラ報道で事実関係の説明要求
衆議院の細田議長は女性記者などへのセクハラ疑惑を報じた週刊誌側に対し、訴訟も視野に入れて対応を検討する考えを示しました。先週、女性記者へのセクハラ疑惑を報道した週刊文春に対し細田議長は「記事は全くの事実無根」などと抗議していました。しかし、26日発売の週刊文春が新たに自民党の職員へのセクハラ疑惑など...
別窓で開く

細田衆院議長、文春に訴訟検討=立民幹部「事実なら辞任を」—セクハラ報道
 細田博之衆院議長は26日、自身が女性記者や自民党職員らにセクハラ行為を繰り返したとする疑惑を報じた週刊文春編集部に再び抗議し、国会閉会後に訴訟を検討する考えを明らかにした。一方、野党は国会で直接説明するよう要求。立憲民主党の馬淵澄夫国対委員長は疑惑が事実なら議長辞任は避けられないとの認識を示した。...
別窓で開く

“カンヌの申し子”河瀬直美監督の不徳…スタッフの顔面殴打報道、現場でパワハラ横行とも
 性強要告発で揺れる映画界で新たな告発が。東京五輪公式映画のメガホンを取り、25年大阪・関西万博のプロデューサーに就任している河瀬直美監督(52)についてである。97年に「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭新人監督賞、07年に「殯の森」でグランプリを受賞。スター監督として名を馳せた河瀬だが、現場では不条理...
別窓で開く

細田衆院議長、文春のセクハラ疑惑報道に「訴訟も視野」とコメント発表
 細田衆院議長は26日、自身による女性記者へのセクハラ疑惑を報じた週刊文春の報道について、「強く抗議する。今後、通常国会閉会後、弁護団とも協議し、訴訟も...
別窓で開く

【速報】「訴訟も視野に入れ検討」細田衆院議長がセクハラ疑惑報道に強く抗議するコメントを発表
衆議院の細田議長が女性記者にセクハラ発言を繰り返していたとの報道をめぐり、訴訟も視野に入れて対応を検討する考えを示しました。この問題は、先週発売の週刊文春が細田議長が女性記者にセクハラ発言を繰り返していた疑惑を報じたものです。細田議長は23日に「記事は全くの事実無根」とする抗議文を週刊文春側に出して...
別窓で開く

「昔な、こういう投手がいたんだ…」全盛期の落合政権を支えた伝説のワンポイントリリーバー“小林正人”が誕生した“意外なきっかけ”
「松坂世代」として高校時代から注目を集める選手でありながら、プロ入り後は目立った成績を残せず、毎年クビになることを恐れていたという小林正人。そんな彼にとって大きな転機になったのが、落合博満監督、そして、森繁和投手コーチからのある一言。そして、かつて、西武ライオンズの黄金時代を支えたある投手の存在だっ...
別窓で開く

「相手はお前を嫌がっているのに…」落合が球速130キロにも満たないサウスポーにポツリと伝えた“アドバイス”の“真意”とは
「昔な、こういう投手がいたんだ…」全盛期の落合政権を支えた伝説のワンポイントリリーバー“小林正人”が誕生した“意外なきっかけ” から続く 落合博満監督、森繁和投手コーチの一言でサイドスローに転向して以降、“左殺し”としてチームに重宝され続けた小林正人。そんな彼が本格的に才能を開花させたのは201...
別窓で開く

放射性物質を摂取させられ死亡…プーチン大統領の暴挙の始まりは2006年た?った
 開戦から2カ月半、苛烈さを増す「プーチンの戦争」。侵攻開始のはるか前から何度も連載コラムで取り上げてきた池上氏が語った注目すべき点。そして、意外な面々が名指しされた「ロシア入国禁止リスト」の裏側とは——。「週刊文春」連載をまとめた「独裁者プーチンはなぜ暴挙に走ったか」(書籍、電子版とも発売中)を緊...
別窓で開く

〈活動再開〉小山田圭吾 懺悔告白「僕はなぜ“障がい者イジメ”を得意げに語ったのか」
 5月25日、ミュージシャンの小山田圭吾(53)がツイッターを更新し、音楽活動を再開することを発表した。「FUJI ROCK FESTIVAL 2022」と「SONICMANIA」への出演が決定したという。 学生時代に障がい者イジメをしていたことが判明し、東京五輪開会式直前に演出チームを辞任していた...
別窓で開く


[ 週刊文春 ] の関連キーワード

小山田 カンヌ