本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


改革期に入った皇室は「外の世界に飛び出したい」が本音 政治権力はそれが理解できない【皇室のトリビア】
(眞子さんは果たして「世間知らず」だったのか(C)JMPA)【皇室のトリビア】#103「眞子クライシス」で始まったこの連載も今回で終了する。2年ほどの連載だったが、この間に皇室と国民の関係が変化し始めているように思う。 その一つが、皇室と国民の立つ位置に差がなくなってきたことだ。...
別窓で開く

佳子さま 1週間で3回お出まし!ご多忙でも華やかファッション
歌会始の儀まで続いた宮中の新年行事を終えられても、忙しい日々をお過ごしになる佳子さま。1月23日には「聴覚障害児を育てたお母さんをたたえる会」、25日には「日本テニス協会創立100周年記念式典」に出席され、27日には秋篠宮ご夫妻とお出かけになり「関東東海花の展覧会」を観賞された。そんな佳子さまの、ご...
別窓で開く

紀子さま「本を読み、未来に向かって歩んでいくことを願います」…読書感想文表彰式ご出席
 秋篠宮妃紀子さまは3日、東京・大手町の経団連会館で開かれた第68回青少年読書感想文全国コンクール表彰式に出席された。 紀子さまは、「これからも子どもたちが本を読み、未来に向かって歩んでいくことを願います」とあいさつ。その後、受賞者らと懇談された。...
別窓で開く

佳子さま 式典後の“異例通達”から見えた「魅せる皇室」変革への本気度
寒波のために東京都内も冷え込んでいた1月27日、秋篠宮ご夫妻と次女の佳子さまは、4カ月ぶりに皇居外でのご公務にそろって臨まれていた。観覧された「関東東海花の展覧会」は、約70年前から続く皇族方が訪れられているイベントで、コロナ禍のため3年ぶりの開催だった。秋篠宮さまが説明者に、「葉牡丹は食べてもね、...
別窓で開く

「『これは何という虫?』とよく聞くんですよ」上皇陛下が話してくださった悠仁さまの“素顔”
ノンフィクション作家・保阪正康氏による「続・平成の天皇皇后両陛下大いに語る 両陛下に大本営地下壕をご案内いただく」(「文藝春秋」2023年2月号)を一部転載します。(初回の記事は こちら )◆◆◆■「この前、悠仁と散歩しました」2人きりで森の中へ 御所は吹上御苑(ふきあげぎょえん)という巨大な森の中...
別窓で開く

北条・織田・徳川…権力者たちでも入れない皇室のオキテ
「先例」というと「先例踏襲主義」のように、悪い意味の言葉として使われがちだが、皇室における「先例」とはそういう意味ではない。皇室における「先例に基づいて物事を考えるべし」は、歴史の中で生まれた知恵である。「皇位の男系継承」論は、これまで例外なく続けてきた日本の歴史を守るか、守らないかだけの問題なので...
別窓で開く

悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない【皇室のトリビア】
(昨2022年秋、悠仁さまは伊勢神宮を参拝(代表撮影))【皇室のトリビア】#102 今年の春から、悠仁さまは筑波大付属高2年生になる。早くも大学進学の準備が始まる。 これまでもたびたび悠仁さまの東京大学入学説が浮かんでは沈みを繰り返してきたが、昨年も期末試験の成績が芳しくなかったので東大を諦めたとも...
別窓で開く

皇室も少子化と無縁ではない。神道学者で皇室研究家の高森明勅さんは「専門家の試算でも、皇位継承者を男系男子に限定したままだと100年以内に皇統が途絶える可能性が高いと出ている。今の持続可能性のないルールにしがみついていると、皇位の継承も皇室の存続も行き詰まってしまう」という——。■皇室は少子化と無縁な...
別窓で開く

一般参賀で「かわいい!」との声も…21歳になった愛子さまの「3つの変化」
 新型コロナの影響のため、3年ぶりに開催された1月2日の一般参賀。そこに成年皇族として初めて参加されたのが愛子さまだ。◆ ◆ ◆■成年皇族となった愛子さまの3つの“変化” 感染対策のため、事前抽選制となった今回の参賀。「倍率は10倍超。7300人が集まった。愛子さまが現れると、参加者からは『かわいい...
別窓で開く

雅子さま 皇宮警察の式典に異例ご出席…愛子さまにも波及した“皇族誹謗”への危機感
冷たい風が吹く皇居・東御苑で、1月20日に皇宮警察本部の年頭視閲式が行われた。この行事はコロナ禍のため中止されており、3年ぶりの開催だった。護衛官のシンボルである赤い肩紐を着けた総勢280人が、険しい面持ちで並んでいる。彼らが緊張していたのは、天皇皇后両陛下が、初めてそろってこの式典に出席されていた...
別窓で開く


[ 秋篠宮 ] の関連キーワード

皇宮警察