本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 プロ野球のファームは2日、イースタン、ウエスタン両リーグにファーム交流戦も合わせて計6試合が行われた。 ソフトバンクはファーム交流戦の日本ハム戦(鎌ケ谷)で先発全員の11安打を放って3—2。先発・武田が6回6安打7奪三振2失点で3勝目(1敗)を挙げた。笹川が4回に3号ソロ。日本ハム先発・金子は6回...
別窓で開く

「僕は監督の切りやすい手札でいたい」中日・加藤翔平が覚悟を決めた“生きる道”
 野性的なプレースタイルに、とにかく心が躍る。昨季途中、ロッテからトレードで移籍してきた中日・加藤翔平外野手。真っ赤なバッティング手袋、光沢のあるローリングスのバットには、こだわりのグリップテープがしっかり巻き付けられている。クラシックスタイルのソックスと両耳のヘルメットは、もはや背番号52の代名詞...
別窓で開く

【ファーム情報】ロッテ山本斗がサヨナラ弾 日ハムドラ1・達3回1失点 中日ドラ1・ブライト公式戦1号
 プロ野球のファームは30日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて計5試合が行われた。 ロッテは日本ハム戦(ロッテ浦和)に3—2でサヨナラ勝ち。9回2死で育成選手の山本斗がサヨナラの2号ソロを放った。先発・二木は5回1/3を5安打1失点(自責0)。日本ハム先発のドラフト1位・達(天理)は...
別窓で開く

「三羽ガラス」の恩返し、早稲田大・花田勝彦新監督の胸に息づく「瀬古さんの指導」
 早稲田大(練習拠点・埼玉県所沢市)は、今年の箱根駅伝で総合優勝を目標に掲げながら13位に終わり、3年ぶりにシード権を失った。6月に駅伝監督に就任した花田勝彦氏(51)はかつて、「早大三羽ガラス」の一人として学生駅伝で活躍。実業団でも実績を残し、駅伝部監督として上...
別窓で開く

【ファーム情報】巨人・直江が2勝目 中日はオリックス戦で21安打 ドラ1・ブライトが4安打2打点
 プロ野球のファームは28日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターを含めて5試合が行われた。 ロッテは日本ハム戦(ロッテ浦和)に3—1で逆転勝ち。先発・種市は4回2/3を3安打1失点。菅野が1安打2打点だった。日本ハム先発・根本は5回3安打無失点。 巨人は楽天戦(ジャイアンツ)に4—1。先発・直...
別窓で開く

身長166センチの名手、大会打率8割、超強肩捕手…大学野球選手権で猛アピールした4人のドラフト候補
大学野球選手権で躍動したドラフト候補〜野手編投手編はこちら>> 6月6日から7日間にわたり開催された全日本大学野球選手権大会(大学選手権)。鮮烈なパフォーマンスを見せた有望選手を紹介する企画の野手編では、スピード型の遊撃手2名と、腕を競い合う強肩捕手2名をそれぞれ紹介していこう。...
別窓で開く

大学日本代表発表 矢沢、蛭間、山田らドラ1候補が選出 2年生の157キロ右腕も
 7月8日からオランダで開催される「第30回ハーレムベースボールウイーク」に出場する侍ジャパン大学代表選手選考合宿が20日、神奈川県平塚市で最終日が行われた。 午前中に紅白戦が行われ、3日間の全日程が終了。48人の候補選手から代表メンバー24人が発表された。...
別窓で開く

大学選手権で躍動した“7人のドラフト候補” スカウト陣のリアルな評価は?
■大一番で魅せた亜細亜大エース 6月12日、亜細亜大の20年ぶり5度目の優勝で幕を閉じた全日本大学野球選手権。隅田知一郎(西日本工大→西武1位)、椋木蓮(東北福祉大→オリックス1位)、黒原拓未(関西学院大→広島1位)、ブライト健太(上武大→中日1位)、正木智也(慶応大→ソフトバンク2位)が出場した昨...
別窓で開く

亜大が全日本大学野球選手権V エース青山美夏人がドラフト1位候補に急浮上!
 2013年決勝と同じカードとなった昨12日の全日本大学野球選手権決勝で、亜大(東都)が7−1で上武大(関甲新学生)を破り、02年以来20年ぶり5度目の優勝を決めた。 三回に試合が動いた。1死二、三塁で、今秋ドラフト候補で2番の田中幹也主将(4年=東海大菅生)が左前へ適時打を放ち、2点を先制。この回...
別窓で開く

今年の大学選手権は不作どころか“凶作”…高評価投手でも「ドラ2かドラ3」とスカウトため息
「今年はパッとしないどころか、ヒドいんじゃないか……」 神宮球場のネット裏でセ・リーグのスカウトがタメ息をついた。 全日本大学選手権は9日で4強が出揃った。仏教大、上武大、東日本国際大、亜細亜大が11日の準決勝に駒を進めたものの、「これは……という1位候補が見当たらない」(前出のスカウト)というのだ...
別窓で開く


[ 上武大 ] の関連キーワード

オリックス 早稲田大 アジャ ロッテ

<前へ123456次へ>