本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



3年ぶりにインテックス大阪で開催の『FM802 RADIO CRAZY』ぴあ先着先行受付中!
3年ぶりにインテックス大阪での開催が決定した『FM802 RADIO CRAZY』。今年は初の4日間、12月25日(日)から28日(水)まで開催される。すでに全出演者が発表されており、タイムテーブルやグッズ情報の公開は11月末を予定している。チケットはぴあ先着先行を受付中。...
別窓で開く

高橋幸宏50周年の出発点に「レコーディング時間ごまかし」事件/日本音楽シーン「名作裏面史」
 元YMOのメンバーでドラマーの高橋幸宏が9月21日、活動50周年を記念した書籍「LOVE TOGETHER YUKIHIRO TAKAHASHI 50th Anniversary」を出版した。 発売に先駆け、9月18日にはNHKホールで、大貫妙子、小山田圭吾、鈴木慶一、林立夫、細野晴臣といった重鎮...
別窓で開く

フリー芸人だからM-1にも噛みつける! エル上田のタブーなき漫才
エル上田とデロリアン林からなる、お笑いコンビがエル・カブキ。若手では珍しく時事ネタを主とする漫才スタイルで、さまざまな賞レースで爪痕を残している。最近では、上田がラッパーのダースレイダーや、ノンフィクション作家の田崎健太のトークライブに出演するなど、活動の幅を広げている。しかし昨年、10年近く在籍し...
別窓で開く

ホロコースト問題まで飛び出した!? 海外メディアが報じる「アウトな東京五輪」(井津川倫子)
やはり、東京五輪・パラリンピックは「Cursed' Olympics」(呪われた五輪)なのか——。これまで数々のトラブルに見舞われてきた東京五輪ですが、開会直前になって超ド級の爆弾が次々と炸裂しています。音楽家の小山田圭吾氏が過去の壮絶いじめ問題で開会式の作曲担当を辞任したかと思えば、今度はショーデ...
別窓で開く

小山田圭吾さんのいとこ・肉マイスター田辺晋太郎さんの挑発ツイートが波紋 商品の監修を受けたヤマサ醤油公式がお詫びを掲載
7月19日、ミュージシャンの小山田圭吾さんが東京オリンピック・パラリンピック開会式の音楽担当を辞任した。14日にオリ・パラ開会式の音楽を担当すると発表があったものの、過去の雑誌インタビュー記事での障害者イジメが問題となり炎上状態となっていた。...
別窓で開く

1日5回で太ももに隙間が!? 簡単トレーニング
ワイドスクワットとは、通常のスクワットよりも足幅を大きく広げて行う屈伸運動です。主に、前もも(大腿四頭筋)と背中(脊柱起立筋 )、内もも、お尻 が鍛えられます。今回は、ワイドスクワットで得られる効果と正しいやり方について解説します。■ワイドスクワットとスクワットの違いまずは通常のスクワットとワイドス...
別窓で開く

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの公私に渡るヒストリーを追体験。「DOUBLE FANTASY - John & Yoko」東京展開催
世界で最も有名でクリエイティブなカップル、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの公私に渡るヒストリーを、二人が世界に発したメッセージや言葉、音楽・アート作品、貴重なプライベート・コレクション100点以上を通して追体験できる画期的な展覧会、『DOUBLE FANTASY ? John & Yoko』...
別窓で開く

小山田壮平の初ソロアルバム “人生そのものが旅である”をテーマに
andymori、ALといったバンド活動と並行してソロ活動を行ってきた小山田壮平さん。初のソロ名義でのアルバム『THE TRAVELING LIFE』のテーマは“旅”。移りゆく情景の中で、懐かしさや高揚感や切なさが、愛おしく去来するような作品だ。根っこはずっと歌なんだなって思います。...
別窓で開く

石橋静河が“カッコいい”と思ったのは松たか子 その理由は?
ただそこにいるだけで、何か物語を感じさせる人がいる。石橋静河さんはまさにそんなムード漂う佇まいの女優だ。それは石橋さんが女優であると同時に、役もセリフも持たずに体ひとつで舞台に立つダンサーでもあるからなのかもしれない。演技とダンス、そして俳優一家に生まれた自身について聞いた。自分は親とは違うんだって...
別窓で開く

石橋静河が『東京ラブストーリー』の赤名リカに共感するところは?
カメラの前で、楽しげに(照れつつ)自由に動き、クシャクシャの笑顔を見せてくれた石橋静河さん。伸びやかで快活な姿に心をギュッと掴まれ、自然と目で追ってしまう。この魅力的な人は——。ここでは当たり前でも場所が変われば当たり前じゃないと、10代で知れたのは大きかった。ただそこにいるだけで、何か物語を感じさ...
別窓で開く


<前へ1次へ>