本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【GoTo書店!!わたしの一冊】第38回『探偵工女 富岡製糸場の密室』翔田 寛 著/大矢 博子
■尾高惇忠の娘が謎を解く 渋沢栄一の生涯を描く大河ドラマ『青天を衝け』が好調だ。幕末の動乱を経て、時代は明治に入った。新政府は諸外国に追いつくため様ざまな政策を実行に移すが、そのひとつが輸出品としての生糸の産出を担う富岡製糸場の建設である。 初代工場長は渋沢栄一の師であり従兄であり義兄でもある尾高惇...
別窓で開く


<前へ1次へ>