本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「アメリカの成人80%の個人情報が盗まれている」スパイ工作で経済成長を目指す中国のヤバさ
「プーチン闘病説」はなぜ急速に広まったのか? プロパガンダ戦で敗れたロシア、勝利したウクライナの差 から続く 自国の発展のために、容赦なく他国へサイバー攻撃を仕掛けるのが中国だ。違法なスパイ工作には紳士協定のような暗黙のルールもあるが、中国には通用しない。...
別窓で開く

知ってる? 大隈重信の電話番号は何と〇〇〇だった
 世の中には、どの分野にも一定数「数字マニア」が存在する。 ここで言う「数字マニア」とは、数字で表現される情報には執着するが、それ以外の情報には鈍感になりがちな人を指す。たとえば野球なら、年齢も年俸も打率も背番号もOPSも知ってるけど、その選手の顔は覚えていない、というような人がいる。...
別窓で開く

中国の通信機器最大手の華為科技(ファーウェイ)は4月1日、同社の副董事長兼CFO(副会長兼最高財務責任者)の孟晩舟氏が、新たに輪番董事長(交代制の会長職)を兼務すると発表した。同社の説明によれば、この人事は輪番董事長の1人だった副董事長の郭平氏が同じ日に監事会主席(監査役会議長)に選出され、輪番董事...
別窓で開く

ロシア向けの「取引停止要請」だけでは足りない 〜日本に欠ける健全な暗号資産への取り組み
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月15日放送)に経済アナリストのジョセフ・クラフトが出演。金融庁と財務省が日本国内の暗号資産(仮想通貨)交換業者30社に対して行った、ロシアとの取引停止要請について解説した。...
別窓で開く

GAFAは分割されるかもしれない?! アメリカ「反独占」の歴史から紐解く!
格差拡大、世界経済停滞の原因はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック=現メタ、アマゾン)なのか。巨大グローバル企業による独占と寡占が進んだ結果、市場の競争原理と新規参入がはばまれ、イノベーションが妨げられたからだ——。...
別窓で開く

[9・11 20周年]米国の脅威は…「イスラムより白人極右派」
9・11テロ以降、米国に居住するイスラム過激派のテロよりも、白人優越主義者の暴力がより深刻なことが分かった。それにも関わらず、米国司法当局が20年間、国内極右派の脅威を過小評価してきたとの指摘が出ている。9・11テロの20周忌を迎え、英国の日刊紙ガーディアンは最近、米国で極右派によるテロが、イスラム...
別窓で開く

トランプ元大統領の影響?アメリカで黒人・アジア人への憎悪犯罪が12年ぶりのワースト記録
人種や性別、宗教などを理由に人を侮辱したり暴力を加える、いわゆる「憎悪犯罪」が、米国で12年ぶりにワースト記録を更新した。ドナルド・トランプ元大統領が在任時代に米国優先主義を打ち出して、憎悪犯罪が増えたという分析が出ている。30日(現地時間)ロイター通信は、米国連邦捜査局(FBI)のレポートを引用し...
別窓で開く

諸刃の剣を振りかざすアメリカとIT巨人GAFAM+Nとの戦い (3)
 先日行われたG7の財務省会合にて、「法人税の最低下限税率制定」と「デジタル課税の対象範囲の拡大」が合意されたが、続いて6月11日には、アメリカ議会下院議員の超党派グループによって、反トラスト法・改正案として5つの法案が提出された。...
別窓で開く

予測されたアメリカ不正選挙を後押しした新型コロナの流行
2020年のアメリカ大統領選挙を振り返ってみると、健全な民主主義国家の選挙だったと言えるのだろうか。元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と前ロンドン支局長の岡部伸氏が、近現代史やインテリジェンスを交え真実の世界の姿を炙り出す。※本記事は、馬渕睦夫×岡部伸:著『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』(ワニブック...
別窓で開く

韓国系実業家、海軍と防衛事業庁の関係者に賄賂=米国
アメリカニュージャージー州の韓国系実業家カン某氏(50)が韓国海軍と防衛事業庁の関係者に10万ドル(約1032万円)相当の賄賂を与え、その代価として機密を渡したと17日(現地時間)米司法省が発表した。米司法省はこの日、ホームページを通じて「カン氏がニュージャージー州イングルウッドクリフス地裁判事との...
別窓で開く


<前へ12次へ>