本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



フィリピン、オンラインカジノ企業175社閉鎖、中国人従業員4万人を送還—中国メディア
中国メディアの極目新聞は29日、フィリピン司法省はこのほど、オンラインカジノ企業(POGO)175社を閉鎖し、中国人従業員約4万人を送還すると表明したと報じた。フィリピン側の措置について、現地の中国大使館が協力する考えを示したことも伝えた。...
別窓で開く

機内でコーヒーを頼んだ男、待つように言われた後で客室乗務員に殴りかかる(米)<動画あり>
飛行機の機内において客室乗務員への暴言や暴力はこれまで何度も報じられてきたが、このほどアメリカン航空の機内でコーヒーを頼んだ乗客の男が待つように言われた後、客室乗務員を背後から殴りつけた。『New York Post』『Heavy.com』などが伝えている。...
別窓で開く

人材流出に遭遇する米国、中国系科学者が続々と大学での地位放棄して中国へ—中国メディア
中国メディアの極目新聞は23日、米国について「人材流出に遭遇し、中国系科学者が続々と米国の大学での地位を放棄して中国へ戻る」とする記事を掲載した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの22日付記事を要約して伝えたもので、それによると、米国のトップクラスの大学での終身雇用の地位を放棄して中国や他の場所...
別窓で開く

再び“連邦議会襲撃”か、中間選挙後に米国内の争乱必至 2つの新著が予見する「冷たい内戦」下で起こりうる反乱シナリオ
「真っ赤な嘘」と「紛れもない真実」 おどろおどろしい内容の本が2冊、相次いで出た。「The Divider:Trump in the White House, 2017-2021」(分裂の元凶:2017年から2021年、ホワイトハウスのトランプ) 著者はニューヨーク・タイムズのホワイトハウス詰め記者...
別窓で開く

悪魔の詩「ラシュディ氏」襲撃で囁かれる米要人暗殺計画との関係 元公安警察官の分析
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、「悪魔の詩」作...
別窓で開く

なぜ中国はコロナから一早く成長に転じたのか?...「デジタル強国戦略」に迫る
新型コロナウイルスの影響で世界経済は大きな打撃を受けたが、中国はいち早くコロナを抑え込み、プラス成長に転じた。なぜ、それが可能だったのか——。ポイントは、デジタル技術を社会のガバナンスに活かすことができたからだ。本書「チャイナ・イノベーション2 中国のデジタル強国戦略」(日経BP)は、デジタル経済が...
別窓で開く

■FBIと司法省への脅迫が相次ぐ異例の事態 8月8日。フロリダ州パームビーチにあるトランプ前大統領の邸宅「マールアラーゴ」が、FBI(連邦捜査局)による事前通告なしの家宅捜索を受けた。 この時、トランプ氏と家族は不在で、総支配人がトランプ氏の次男エリック氏に電話し、彼がトランプ氏に伝えたという。トラ...
別窓で開く

刑務所の中庭で囚人たちがゴーカート YouTubeで知った担当大臣がブチギレ
フランスの刑務所内で、リアリティ番組に触発されたゲームが行われた。司法省は現在、その理由を説明するよう国民に迫られているという。『The Guardian』『WDC TV』などの海外メディアが報じた。■刑務所で大規模イベントフランスで2番目に大きいフレンヌ刑務所で、囚人たちが中庭でゴーカートやさまざ...
別窓で開く

ヘンリー王子とメーガン妃、7歳のビーグル犬の里親になる
ヘンリー王子とメーガン妃が、ビーグル犬の里親になったことが明らかになった。妃は動物愛護団体の運営者に直接電話し、施設を訪れてより弱い立場にある高齢犬を引き取ったという。ヘンリー王子とメーガン妃が新たな家族として、7歳のビーグル犬“マンマ・ミーア(Mamma Mia)”を迎え入れた。...
別窓で開く

「民主党の政治工作だ」トランプ氏が反撃するFBI捜査の“不可解” 米メディア、一般国民の反応は真っ二つに
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授) FBI(米連邦捜査局)がドナルド・トランプ前大統領の邸宅の家宅捜索を実施して、政府の機密文書とみなす書類など多数を押収した。 トランプ氏側は8月22日、この捜査をトランプ氏への一般の支持を減らすための政治的攻撃だと非難して、押収書類...
別窓で開く


[ 司法省 ] の関連キーワード

フィリピン ラシュディ fbi 民主党 ヘンリ
カート

<前へ12345次へ>