本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



40代のバツイチ同士の再婚はすぐ破綻した。夫はヒモ状態にもかかわらず、フルタイムで家計を支える妻に対して日々罵詈雑言を浴びせた。連れ子とともに実家に戻った妻は離婚を決意。夫に伝えると、「離婚はしない、慰謝料300万円を請求する」と。夫は異常者なのだと悟った女性は弁護士とともに裁判に向けて入念な準備を...
別窓で開く

現在40代の女性は、30代半ばで結婚・出産したが、離婚。5年後、1つ下の大工のバツイチ男性と出会った。当初は「誠実そうな優しい人」だったが、再婚するや、その本性を現す。仕事をさっさと辞めて働こうとしないばかりか、フルタイムで働く女性に対して日々暴言を吐き、女性の連れ子に満足に食事を与えなかった——。...
別窓で開く

◆万博を見据え、大阪市内全域を路上喫煙禁止 今年3月、大阪市の松井市長は2025年に開催される大阪万博を見据え、市内全域を路上喫煙禁止とする旨を明らかにした。19年7月から施行されている大阪府受動喫煙防止条例では、国の法律である「改正健康増進法」(学校や病院、児童福祉施設などを全面禁煙)に上乗せする...
別窓で開く

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ 旧統一教会への質問権行使に、元行政官の筆者が「違和感」を抱いた理由
文部科学省は2022年11月22日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に対し、法人の組織運営や収支、財産に関して12月9日までに報告を求める書類を送り、宗教法人法に基づく「質問権」を行使したと発表した。「質問権」の行使は1996年にこの規定ができて以来、初めてという。初めてなので、マスコミも報道する...
別窓で開く

もともと談合が生まれる組織・土壌になっている 五輪テスト大会談合疑惑
ジャーナリストの鈴木哲夫が11月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。東京五輪のテスト大会をめぐる談合疑惑について解説した。お台場海浜公園水域に設置されているオリンピックシンボルの安全点検、メンテナンスのため、製作工場への移動作業が始まった=2020年8月6日午前、東京・...
別窓で開く

維新、減税日本との選挙協力「白紙」が示す「次の狙い」
ジャーナリストの鈴木哲夫が11月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。来年2023年春の統一地方選での日本維新の会と「減税日本」の選挙協力白紙について解説した。...
別窓で開く

高齢運転者から免許証を「取り上げる」以外に国がするべきこと
ジャーナリストの鈴木哲夫が11月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。高齢運転者による交通事故防止対策について解説した。...
別窓で開く

内閣支持率が続落する中、岸田文雄首相の「孤立」が深刻化している。頻繁に自民党幹部や派閥領袖らとの面会を繰り返しているが、彼らの真意を見極められず疑心暗鬼が広がっているのだ。唯一、全幅の信頼を置く長男を首相秘書官に抜てきしたものの改善効果は見られず、もはや「聞く力」は周囲の進言に耳を傾けない「聞かない...
別窓で開く

権田修一と遠藤航……かつてW杯の舞台に立てなかった男たちの「逆襲劇」
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、サッカーW杯カタール大会のグループリーグ初戦、ドイツとの試合で歴史的勝利を収めた日本代表の「守備の立役者」、GKの権田修一選手とボランチの遠藤航選手にまつわるエピソードを紹介する。...
別窓で開く

米共和党にある「猛烈なトランプおろし」 それでも党の次期大統領候補はトランプ氏?
上智大学教授で政治学者の前嶋和弘が11月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のアメリカ政治と日本との関係について解説した。【トランプ米大統領来日】羽田空港に到着し、ヘリから降りて大統領専用機へ向かうために傘を受け取るトランプ米大統領=2019年5月28日午後、羽田空...
別窓で開く


[ 産経新聞 ] の関連キーワード

統一教会 霞ヶ関 共和党