本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。まず、「週刊ダイヤモンド」(2022年1月22日号)は、「銀行内乱」というタイトルの特集...
別窓で開く

激化する総合商社の利益トップ争い…伊藤忠、三菱、三井「3強」それぞれの思惑(有森隆)
【緊急リポート/有森隆】 総合商社の利益トップ争いが白熱している。 資源価格が高騰し、高止まりしたままだ。こうなると、三菱商事、三井物産の「2M」が、(2021年3月期に業界首位となった)伊藤忠商事よりも相対的に有利になる。このままいくと、三菱商事がトップの座を奪回し、垣内威彦社長(66)の退任(会...
別窓で開く

「面接は返答が7割」超人気企業に内定した先輩たちが教える「トップ就活」の極意
コロナ禍での就活。リアルな場での情報交換がままならない中、希望する企業に入るために何をすればよいのか、一人で戦略を練るのは難しい。そこで今回は、超人気企業の内定を勝ち取った先輩たちの声を集めた1冊を紹介していく。...
別窓で開く

日本に必要な「外国人へのやさしさ」=ウシュマさんの悲劇に思う—スリランカとの深いご縁から
過日タイヤ購入のために近隣の自動車部品専門店に行った。受付の小柄な外国人女性の胸元の名札がカタカナで長い。応対は流暢とは言えないが正確な日本語。タイヤ交換を担当した大柄な外国人男性整備士はさらに完璧な日本語で応対し仕事も手早い。やはり名札のカタカナが長い。「スリランカの方ですか?」「そうです。受付に...
別窓で開く

和久田麻由子VS桑子真帆“NHK女子アナツートップ”最終決戦に迫る!
桑子真帆 (C)週刊実話Web「たとえ、どちらか一方がフリーとなって民放へ転出したとしても、2人の関係は変わらないと思います。〝永遠のライバル〟と言っていいでしょう」(NHK関係者)2021年12月31日、NHKの和久田麻由子アナは、『NHK紅白歌合戦』の司会で1年を締め括った。「19年に総合司会を...
別窓で開く

これが上場企業「給与のいい会社」トップ110だ! 平均額は603.2万円で初の減少
 2022年は賃上げとなるか──。岸田政権は産業界に対し「賃上げ」を要請。サラリーマンにとって給与アップは願ってもない話だが、経営環境は決して良くない。新型コロナは再び感染が拡大し、円安進行で輸入物価は上昇している。むしろ給与はダウンする恐れもありそうだが……。 ◇  ◇  ◇ コロナ禍で収入格差は...
別窓で開く

首都・東京をホームタウンとする現時点で唯一のJ1クラブ、FC東京の経営権をIT大手のミクシィが取得した。世界的なヒットを記録したソーシャルゲーム「モンスターストライク」の配信で知られるミクシィは、なぜFC東京を子会社化したのか。Jリーグの舞台で何を手がけていきたいのか。そもそもどのような接点を持った...
別窓で開く

世のビジネスパーソンはいったいどれぐらいの給料をもらっているのだろうか。東洋経済オンラインでは上場企業のうち、3230社を対象に各社の30歳社員の年収を推計。全国トップ500社のランキングに続いて、東京都トップ500社のランキングを公開する。単体の従業員数が10人に満たない場合や平均賃金の発表がない...
別窓で開く

日本でしか見られない「親子上場」 世界的なコーポレートガバナンスで2021年は上場子会社が減少【馬医金満のマネー通信】
みなさん、こんにちは。馬医金満です。近年の「親子上場」の推移について、注目してみました。親子上場は、親会社と(支配株主を有する)子会社が、双方ともに株式市場に上場している状態を指します。これは世界では、ほとんど日本でしか見られない上場形式ですが、人材採用や資金調達に絡む経営戦略上のメリットがあるとい...
別窓で開く

モビリティとICTをシームレスに繋げる「MaaS(マース:Mobility as a Service)」が注目される中、医療分野で期待されているのが「ヘルスケアMaaS」。その取り組みの一環として、神奈川県の湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、湘南アイパーク)で行われているのが自動運転バスによる実...
別窓で開く


[ 三菱商事 ] の関連キーワード

スリランカ スマート ウシュマ nhk みずほ
麻由子

<前へ12345678次へ>