本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



3年ぶりの大会開催 日本リーグ王者のシチズン時計、サンリツらが日本一を狙う<全日本実業団卓球選手権大会>
<第72回全日本実業団卓球選手権大会 日時:2022年6月30日(木)〜7月3日(日) 場所:徳島県 アミノバリューホール(鳴門市民体育館)>30日から徳島県鳴門市で、3年ぶりとなる全日本実業団選手権が開幕する。男子見どころ写真:上村慶哉(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部男子では、シードの一角で...
別窓で開く

日産、ロシア工場での生産を9月末まで停止へ…侵略長期化で部品供給の正常化難しく
 日産自動車は28日、ロシアのウクライナ侵略に伴うロシアの工場での生産停止を、9月末まで続ける方針を明らかにした。侵略の長期化で、部品供給の正常化が遅れると判断した。同日、横浜市内で開いた株主総会で、内田誠社長が説明した。...
別窓で開く

■「久しぶりの財務省OB総裁」が示す意味財務省が失地を奪還しつつある。政府は5月27日、国際協力銀行(JBIC)の総裁に林信光副総裁(65)が就く人事を了承した。林氏は80年東大法卒で、旧大蔵省(現財務省)に入省し、理財局長まで上り詰めた。この間、世界銀行グループの理事も歴任した。14年の国税庁長官...
別窓で開く

パイオニアの日産が会心の一撃! 新型軽EVを試乗&発トップ直撃「サクラは海外で売らないんですか?」
5月20日、ついに日産から軽EV「サクラ」が発表された。このクルマは2019年に東京モーターショーで公開されたコンセプトカー「日産IMk」の量産バージョン。日産と三菱自動車の共同プロジェクトとして、両社の合弁会社NMKVで企画・開発されたモデルだ。...
別窓で開く

日産と三菱が発表した軽EVはニッポンで普及するのか?
5月20日、日産と三菱が発表した軽EVが話題を呼んでいる。しかし現在、日本市場におけるEVのシェアは1%未満。正直、EVの普及はまったく進んでいない。日産と三菱が放った軽EVは、ゲームチェンジャーの役目を担えるのか? 自動車専門誌の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏に話を聞いた。...
別窓で開く

日産&三菱の軽EVは"絶対王者"N‐BOXよりお買い得?
5月20日、日産と三菱がついに軽EVを発表した。絶賛する声が多いが、軽自動車にはホンダが誇るN−BOXが不動の王者として君臨する。購入を検討する際のキモはどこ? 専門家に聞いた。* * *■軽EVは地域によって130万円台で購入可能渡辺 日産と三菱自動車は、5月20日に岡山県倉敷市の生産工場で式典を...
別窓で開く

ハイブリッド車(HV)王国、日本で電気自動車(EV)躍進ののろしは上がるか。日産自動車と三菱自動車が共同開発、生産する軽自動車EVが今夏にも発売される。世界に先駆けてEVを手がけてきた両社にとって、国内新車販売の4割を占める軽市場を新たに開拓する戦略車種となる。日産は「サクラ」、三菱自は「eKクロス...
別窓で開く

日産自動車は軽自動車で巻き返し図る もう一度EVで世界をリードできるか
【企業深層研究】日産自動車(下)「新型軽EV(電気自動車)は、日産・三菱自動車それぞれの強みを生かして開発した。『日産サクラ』は軽自動車の歴史に新たな一ページを開くものと期待している」 内田誠社長は5月20日、三菱自動車工業の水島製作所(岡山県)で行われた共同開発の新型軽自動車EVのオフライン式でこ...
別窓で開く

地銀の再編ドミノが加速...東洋経済「瀬戸際の銀行」、ダイヤモンド「保険ランキング」、エコノミスト「日本のEV大逆襲」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■経営統合、構造転換...銀行の実像に迫る「週刊東洋経済」(2022年6月11日号)「週...
別窓で開く

軽自動車のBEV(電気自動車)である、日産自動車「サクラ」と三菱自動車「ekクロスEV」が5月20日に発表された。ここで改めて注目を集めているのが、充電インフラだ。BEVの普及の鍵を握る充電インフラは今後どうなっていくのだろうか。(ジャーナリスト 桃田健史)■都心マンションに充電インフラがなくても売...
別窓で開く