本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今の日本はコロナ前とここが違う—香港メディアが旅行前に知っておくべき知識を伝授
香港は、世界のあらゆる国・地域の中でも、日本旅行の人気が最も高い土地と言える。日本政府観光局(JNTO)によると、コロナ発生前の2019年には延べ229万792人の香港人が来日した。同年の香港の人口は750万8000人だったので、乳幼児から高齢者までを含めて香港人の3.28人に1人が日本を訪れた計算...
別窓で開く

1月17日、三省堂書店のTwitter公式アカウントが此度、1/16をもちまして品川駅構内にございます品川駅店を閉店することになりました。18年もの永きに渡り、ご愛顧頂いたこと、心より感謝申し上げます。誠に有難うございました。...
別窓で開く

乃木坂46鈴木絢音、“辞書愛”溢れる書籍決定「文学少女の休日」テーマの撮り下ろしも<言葉の海をさまよう/本人コメント>
【モデルプレス=2023/01/17】乃木坂46の鈴木絢音が、2023年3月7日に書籍『言葉の海をさまよう』を発売することが決定した。◆鈴木絢音、“辞書愛”溢れる書籍決定乃木坂46イチの読書家で、辞書への強い愛を持つ鈴木。『言葉の海をさまよう』は、辞書愛に満ちた鈴木さんと、辞書を作る人々との対談集と...
別窓で開く

乃木坂46・鈴木絢音の書籍『言葉の海をさまよう』発売 辞書を作る人々との対談集
乃木坂46イチの読書家で、辞書への強い愛を持つ鈴木絢音。そんな彼女の書籍の発売が決定した。 タイトルは『言葉の海をさまよう』。辞書愛に満ちた鈴木と、辞書を作る人々との対談集となっている。辞書出版社の三省堂の多大なバックアップにより、辞書の編さん者、編集者、校正者、印刷会社、デザイナーなど、さまざまな...
別窓で開く

乃木坂46鈴木絢音、“辞書”愛の集大成となる対談集を発売 文学少女の休日がテーマの撮り下ろしカットも
アイドルグループ・乃木坂46の鈴木絢音(23)が、3月7日に書籍『言葉の海をさまよう』(幻冬舎)を発売することが決定した。 本作は、読書家で辞書への強い愛を持つ鈴木と、辞書を作る人々との対談集。辞書出版社の三省堂のバックアップにより、辞書の編纂者、編集者、校正者、印刷会社、デザイナーなど、さまざまな...
別窓で開く

乃木坂46鈴木絢音の「辞書愛」あふれる対談集発売決定 「文学少女の休日」テーマのショットも
乃木坂46鈴木絢音(23)と、辞書を作る人々との対談集「言葉の海をさまよう」が、3月7日に幻冬舎から発売されることが17日、明らかになった。「小説幻冬」の対談連載「言葉の海をさまよう」の書籍化。辞書愛に満ちた鈴木が、辞書を作る人々と対談。辞書出版社の三省堂のバックアップにより、辞書の編さん者、編集者...
別窓で開く

「あの人はどうしましたか?」恋人との障害になる「主」を毒殺…“絶世の美女”が漏らした「さらし首」になる直前の言葉
「この男を殺せば好きな役者と一緒になれる…」“絶世の美女”をさらし首に追い込んだ悪念 から続く 江戸から維新を経て東京となった明治初期。世の中が大きく揺れ動く中で、ある一人の女性が起こした事件が人々の注目を集めていた。 明治4(1871)年に起きた「夜嵐お絹」事件は、「主」がいる妾の身で役者・嵐...
別窓で開く

人の心を動かすには? 「言葉を磨く本」12選
 昨年、一大ブームを巻き起こしたドラマ「silent(サイレント)」。生方美久さんが脚本を手掛けた本作で、とくに注目を集めたのが「言葉」だ。登場人物の生き生きとした、自然体のせりふが静かな感動を呼び、多くの人々の胸を熱くした。 人の心を動かす言葉とは、どういうものなのか。今回は、BOOKウォッチ編集...
別窓で開く

吉岡里帆、20代最後の1年間に密着 Wアニバーサリー写真集「日日」特典限定ポストカード4種解禁
【モデルプレス=2023/01/13】女優の吉岡里帆が15日に発売するWアニバーサリー写真集「日日」(読み:にちにち)より、特典の限定ポストカード全4種類が解禁された。◆吉岡里帆Wアニバーサリー写真集「日日」2023年に芸能生活10周年、そして30歳を迎える吉岡。...
別窓で開く

「こんな小説書いてみたい」芥川賞作家・羽田圭介が憧れる本とは
 2015年、『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞した羽田圭介さん。テレビ番組に多数出演するなど多忙な日々を送るようになったが、出版業界以外の人と関わる中で、こんな気づきがあったのだという。みんな本読んでないんだなという現実を知るわけですよね。(中略)本読まない人がほとんどの世界で自分は本を...
別窓で開く


[ 三省堂 ] の関連キーワード

芥川賞 乃木坂