本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



東京ミッドタウン八重洲内に「ブルガリ ホテル 東京」が2023年4月4日にオープン
ブルガリ ホテルズ & リゾーツは、2023年4月4日にブルガリ ホテル 東京(中央区八重洲二丁目2-1)をオープンすることを発表いたします。ブルガリ ホテルズ & リゾーツのコレクション8番目のホテルとして、ブルガリが提案するイタリアのコンテンポラリーなスタイルと魅力的な体験を日本の首都、東京にお...
別窓で開く

トヨタ、東京本社を品川駅周辺に移転検討…空港へのアクセスなど考慮
 トヨタ自動車は1日、東京都文京区の東京本社を、2026年度に品川駅(東京都港区)周辺に移転することを検討していると明らかにした。品川駅は羽田空港にアクセスしやすく、リニア中央新幹線の発着も見込まれており、利便性の高さを考慮したとみられる。 移転先は、品川駅西口の複合施設「シナガワグース」の跡地で、...
別窓で開く

アフターコロナに注目される投資テーマは何か。複眼経済塾塾長の渡部清二さんは「『ユーズド・イン・ジャパン』や『金融ハブ』で日本、とくに東京が注目を集めつつあります」という——。※本稿は、渡部清二『会社四季報の達人が全力で選んだ 10倍・100倍になる! 超優良株ベスト30』(SBクリエイティブ)の一部...
別窓で開く

政府の賃上げ要請は一時凌ぎの脅迫、賃上げしたくても踏み切れない企業の本音 労働市場のグランドデザインを描き直さなければ、経営と雇用の安定は保てない
ユニクロが大胆な賃上げ方針を掲げた理由 賃上げに関する報道を頻繁に目にしますが、それ以上に目にするのが物価上昇のニュースです。日々買い物をしていても、「えっ、こんなものまで!?」といつの間にか値上げしている商品が多く、驚いたりすることがあります。 日本中のあちこちから沸き起こる物価上昇への悲鳴を受け...
別窓で開く

東京ドームシティが大規模リニューアルへ、新劇場やフードゾーンなど登場
 総合エンターテイメント施設の東京ドームシティ(東京都文京区後楽)が、2024年夏まで大規模リニューアルに入る。施設を運営する東京ドームと親会社の三井不動産が明らかにしたもので、開業20周年を迎える商業施設「ラクーア」で過去最大規模のリニューアルを実施するとともに、吉本興業グループと共同の新劇場が登...
別窓で開く

今、最も注目を集める急成長企業ワークマン。4000億円の空白市場を開拓し、“頑張らない経営”で10期連続最高益。「#ワークマン女子」も大人気。テレビでも大きく特集され続けている。さらに急成長の仕掛け人・ワークマンの土屋専務白熱の処女作『ワークマン式「しない経営」——4000億円の空白市場を切り拓いた...
別窓で開く

横澤夏子、木で出来た名刺に驚き。「え。これ、間伐された森から出来ているんですか?」
三井不動産・サステナビリティ推進部・企画グループの杉野茂樹が、1月15日(日)、ラジオ番組『三井不動産 presents 横澤夏子 それ、大事なコトでございます。』(ニッポン放送・毎週日曜18時40分〜)に先週に引き続き、ゲスト出演。SDGsの目標12「つくる責任つかう責任」の目標を達成するために日...
別窓で開く

都心の再開発ラッシュに2023年問題…東京のオフィス事情、今年はどう変わるのか?(中西文行)
(高層ビルがますます増える(C)日刊ゲンダイ)【プロはこう見る 経済ニュースの核心】 東京駅周辺の八重洲や日本橋で再開発が進んでいる。「軍艦ビル」と呼称された野村証券本社ビルの一部や野村グループのオフィスビルの解体工事も進み更地が目立つが、2025年度には、高層ビルが林立するだろう。...
別窓で開く

 東京都港区の三田小山町西地区市街地再開発組合が計画する第一種市街地再開発事業で、権利変換計画が東京都の小池百合子知事から認可された。組合員の三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社が明らかにしたもので、2024年度に住宅、商業、オフィス、保育園で構成される4...
別窓で開く

東京の都市計画、「世界の都市間競争」を勝ち抜くためにはどうするべきか
東京では、1月7、8日の両日、山手線の一部が運休した。めったにないことであるが、これは渋谷駅の改造工事のためである。渋谷駅、ハチ公前広場、スクランブル交差点と、海外の観光客にも有名なスポットであるが、ここ数年、周辺は工事続きである。それは、この地域を再開発する計画が進んでいるからである。...
別窓で開く


[ 三井不動産 ] の関連キーワード

ワークマン 東京ドーム 八重洲 トヨタ