本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


映画「ウエストワールド」公開(1973年11月21日)
 映画「ウエストワールド」は1973年に米国で制作された映画です。監督はマイケル・クライトン、主演はユル・ブリンナーです。映画「ウエストワールド」のポスター 砂漠に建設された成人向けの巨大遊園地「デロス」。「デロス」はハイテクの体験型遊園地で「西部劇の世界(ウエストワールド)」「中世ヨーロッパの世界...
別窓で開く

映画「荒野の七人」公開(1960年10月23日)
 1960年10月23日は西部劇の定番とも言える映画「荒野の七人」が米国で公開された日です。日本での公開は1961年5月3日でした。...
別窓で開く

◆落車発生で現場に急行!! 七人の侍ならぬ7人の補助員 激しい競り合いが繰り広げられる競輪では、レース中に落車が発生することもしばしば。そんな時、瞬時に駆けつけ選手の救護にあたるのが、バンクのコーナーやセンターに計7人が配備されている審判補助員である。レースの主役は選手たちであって、決して注目される...
別窓で開く

クドカン初の時代劇 染谷将太・町田啓太・松田龍平が集結に「見どころ沢山な予感」
来(2023)年 正月時代劇「いちげき」が、1月にNHK総合、BS4Kで放送され、俳優の染谷将太さん、町田啓太さん、松田龍平さんがメーンキャストを務める。9月5日、NHKが発表した。小説家の永井義男さんの「幕末一撃必殺隊」を原案にした、漫画家の松本次郎さんによる「いちげき」を原作とするドラマ。...
別窓で開く

壁を超えたら人生で一番幸せな20年が待っていると説く『80歳の壁』が話題になっている今、ぜひ参考にしたいのが、元会社員で『島耕作』シリーズや『黄昏流星群』など数々のヒット作で悲喜こもごもの人生模様を描いてきた漫画家・弘兼憲史氏の著書『死ぬまで上機嫌。』(ダイヤモンド社)だ。弘兼氏のさまざまな経験・知...
別窓で開く

宮藤官九郎脚本、NHK正月時代劇『いちげき』に染谷将太&松田龍平&町田啓太集結
小説『幕末一撃必殺隊』を原案にしたコミック『いちげき』が実写化され、2023年1月にNHKの正月時代劇として放送されることが決定した。併せて、染谷将太、松田龍平、町田啓太が出演し、神田伯山が語りを、脚本は宮藤官九郎、演出を松田礼人が担当することが発表された。 本作は、寄せ集めの百姓たちが薩摩勤皇浪士...
別窓で開く

「男はつらいよ」の日(1969年8月27日)
 「わたくし、生まれも育ちも東京葛飾柴又です...姓は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅と発します」。ご存じフーテンの寅さんの口上です。 フーテンの寅さんと言えば映画「男はつらいよ」ですが、もともと「男はつらいよ」は1968年10月3日から1969年3月27日までフジテレビ系列で放映されたテレビド...
別窓で開く

島田陽子に続いて…黒澤明「七人の侍」オファーを断った男・石浜朗「老衰死」までの壮絶秘話
 島田陽子に続き、映画で活躍した俳優がまたひとり亡くなった。7月26日に87歳で、老衰で死去したと発表された俳優・石浜朗さんだ。 東京・千代田区出身の石浜さんは暁星高校在学中、16歳で映画「少年期」でデビュー。切れ長の美形俳優として、美空ひばりと共演した「伊豆の踊子」「人間の条件」「切腹」などで活躍...
別窓で開く

名優・仲代達矢が語る黒澤明&三船敏郎の素顔…「世界のクロサワによくこんな生意気なことが言えたものだ」直撃インタビュー
 今も映画や舞台の一線で活躍する、屈指の名優・仲代達矢。今年12月には90歳を迎える。その役者人生は日本映画史そのものだ。 今回は、70年にわたる役者人生で出会った映画人の思い出を語ってもらった。※   ※ 初めての映画出演は、黒澤明監督の『七人の侍』(1954年)です。私が21歳、俳優座養成所の3...
別窓で開く

「大脱走」公開(1963年7月4日)
 映画「大脱走」(The Great Escape)は第二次世界大戦中のドイツの捕虜収容所から連合軍将校達の集団脱走を描いた1963年公開のアメリカ映画です。ジョン・スタージェス監督、主演スティーヴ・マックィーンをはじめジェームズ・ガーナー、チャールズ・ブロンソン 、ジェームズ・コバーン 、リチャー...
別窓で開く


[ 七人の侍 ] の関連キーワード

nhk

<前へ123次へ>