本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「前田健太の1年目」を超えられるか——米記者が期待するメッツ千賀滉大のデビューシーズン最高のシナリオは?
来季からのメジャー挑戦が決まった日本人選手に注目が集まっている。ニューヨーク・メッツへの入団が決まった千賀滉大だ。 メッツは2022年のレギュラーシーズンをナショナル・リーグ2位で終え、ポストシーズンに進出。来季を見据え、先発ローテーションを支える主力の一人として、福岡ソフトバンクホークスから海外フ...
別窓で開く

「最高にかっこいいじゃん!」鈴木誠也が敵地で見せた広島ファンへの“粋な行動”に米リポーターも唸る!
遠く離れた場所でも古巣を忘れない。鈴木誠也(シカゴ・カブス)の“愛”が垣間見えたシーンが話題となっている。 平凡なシーンが一気にエモーショナルな光景に変わった。現地時間7月31日に敵地で行なわれたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦、「4番・ライト」で先発していた鈴木が球場をワッ...
別窓で開く

西武が秋山獲得に「動かなければならなかった」切迫した理由とは。かつての野手育成手腕は一体どこへ……?<SLUGGER>
6月27日、秋山翔吾が広島東洋カープへ入団する意志を表明した。メジャーリーグでは結果を出せなかったとはいえ、今季3Aでは.343の高打率を残すなど、バッティング技術が衰えているようには見受けられない。何よりプロ野球記録の年間216安打、4度の打率3割をマークしたスター選手である。...
別窓で開く

“出戻り”秋山翔吾のカープ入りを米国メディアはどう報じた? 「スターの実力を発揮できなかった」 「日本とメジャーで大違いな姿」
日本プロ野球史に残るヒットメーカーの“凱旋”は、驚きの地に決まった。 広島東洋カープは6月27日、サンディエゴ・パドレス3Aを退団していた秋山翔吾の獲得を正式発表した。一部報道によれば、3年契約5億円規模の数字に上るという。...
別窓で開く

ヤクルト石川雅規さらなる進化へ——200勝を目指す42歳が“令和のハイテク”を駆使するワケ
「長年やってきただけです。たまたまです……」 プロ21年目、42歳を迎えた東京ヤクルトスワローズ・石川雅規の記録ラッシュが続いている。4月23日の対阪神タイガース戦では、今季初勝利をマーク。入団1年目からの21年以上連続白星は史上3人目、左腕ではあの金田正一を抜いて史上初...
別窓で開く

ロッテと広島がコラボ!?両チームのマスコットが共演するグッズが28日から販売
千葉ロッテマリーンズは25日、5月28日からの対広島東洋カープ戦(ZOZOマリンスタジアム)から、カープとのコラボグッズをマリーンズストア各店にて販売することを発表した。 グッズには、両チームのマスコット同士がコラボしている2種類のデザインを用意。...
別窓で開く


<前へ1次へ>