本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カブス番米記者が鈴木誠也の来季ブレイクを予想!「シーズン最初にWBCで見られるのは楽しみだ」と侍ジャパンでの活躍にも期待!
シカゴ・カブスで、MLBルーキーとしての1年を終えた鈴木誠也。今季はメジャー1年目として、カブスに徐々に適応しながら、打率.262、104安打、本塁打14、打点46、OPS.769の成績を残した。【動画】豪華にレフトスタンドへ叩き込んだ鈴木誠也の14号アーチをチェック! 地元のカブス・ファンたちを開...
別窓で開く

侍ジャパン、11月強化試合に村上宗隆、佐々木朗希ら28名を選出! 栗山監督「日本の野球は過渡期」チーム半数以上が初選出
野球日本代表の「侍ジャパン」が10月4日、都内のホテルで会見を行ない、来年3月に開催されるWBCに向けた11月の強化試合に出場するメンバーを発表した。会見には日本野球機構事務局長の井原敦氏と侍ジャパンの栗山英樹監督が登壇した。  注目の出場メンバーは、投手が今年4月に完全試合を達成したロッ...
別窓で開く

吉見一起が緊急提言「大野雄大よ、真のエースへ飛翔せよ!」
ファンの期待もむなしく、2021シーズンは5位でシーズンを終えた中日ドラゴンズ。しかも借金16、リーグ優勝を果たした東京ヤクルトスワローズから18.5ゲーム差も突き放されてのBクラス、である。はたして、その原因はどこにあるのか? “竜のエース”として落合博満監督政権下の黄金時代を支え、現在はCBC野...
別窓で開く


<前へ1次へ>