本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【高校野球 名将の言葉(9)池田・蔦文也監督】「みなさんお願いします。日本一の監督にしてください」
 悲願の初優勝へ、池田の蔦文也監督が動いた。1982年夏の甲子園大会。準決勝で東洋大姫路を4—3で下した試合後のことだ。夕食を控え、宿泊していた網引旅館の食堂に選手らを集めると、次の言葉を発した。 「みなさん、よろしゅうお願いします。私を日本一の監督にしてください」 苦い記憶があった。過去、甲子園で...
別窓で開く

福島敦彦氏 県岐阜商の下級生にはこれ以上ない経験 この1試合を次につなげてほしい
 ◇第104回全国高校野球選手権大会第4日・1回戦 県岐阜商1—10社(2022年8月9日 甲子園) 【福島敦彦の迫球甲子園】県岐阜商は集団感染で大量のメンバー変更を強いられたが、試合をできたことが何よりだ。地方大会を勝ち抜き甲子園出場を決めただけに、試合する機会がなくなることが一番良くない。...
別窓で開く

いよいよ夏の高校野球が始まる。今年は第104回の大会だ。そこで、第1回大会から前回103回大会までの高校別通算勝利数ランキングベスト102を作成した。どんな学校がランクインしたのか見ていくことにしよう。(野球史研究家 森岡 浩)■夏の甲子園、開幕!一番「勝ってる」高校はどこ? 今年も、6日から夏の高...
別窓で開く

野村克也が「天才」と認めた巧打者、大学球界屈指の打力見せた松坂世代のスラッガー【本当に長打力があった社会人・大学生5選】
長年、アマチュア野球を見ているとよく聞かれるのが、「これまで見た選手のなかで誰が一番凄かったですか?」という質問である。 投手や野手、カテゴリーによっても異なるため、一概に絞るのは困難ではある。だが、テーマとカテゴリーに分けてランキング形式で5人ずつ紹介していきたい。対象としたのは、現在の記録をとる...
別窓で開く

鈴木・田中(静岡学園)、ノーシードから3連勝 “左左ペア”の活躍も<卓球・インターハイ複結果>
<第90回全国高等学校総合体育大会 日時:8月12日〜17日 場所:富山県 富山市総合体育館>14日、高校総体の卓球競技では男子ダブルスの3回戦までが行われた。1回戦から出場の鈴木笙/田中京太郎ペア(静岡学園)は、2回戦でシードの原田春輝/竹谷義信ペア(希望が丘)に、3回戦では中田泰成/辻井聡一(上...
別窓で開く

夏の甲子園ノーゲームの悲喜こもごも——決勝中止で優勝寸前から一転、2試合連続順延で3試合目に敗退<SLUGGER>
8月12日に行なわれた第103回全国高校野球選手権大会の第1試合、ノースアジア大明桜vs帯広農業の試合が、4回で雨天により中止となった。夏の甲子園がノーゲームになるのは19度目。以下は過去のノーゲームの一覧である。【過去のノーゲーム一覧】※対戦カード後の()は中止になったイニング数。...
別窓で開く

【柳田悠岐のアマチュア時代】広島商の無名選手が花開いた大学時代、驚異のポテンシャルを示したある数字とは〈SLUGGER〉
毎年新たなスターが出現するプロ野球の世界。しかし年俸が数億円を超えるような選手も、必ずしもプロ入り前から高い評価を受けてきたわけではない。そんなスター選手のアマチュア時代の姿を年間300試合現地で取材するスポーツライターの西尾典文氏に振り返ってもらった。今回は昨年のパ・リーグMVPにも輝いた柳田悠岐...
別窓で開く

【甲子園未出場ベストナイン:パ・リーグ編】無名の公立高から鷹のエースに成り上がった千賀。中村は“最強校”の出身だが…
甲子園で活躍してプロ入り、というのは野球選手の王道だが、プロ野球選手がすべて過去に甲子園のスターだったわけではない。この記事では、甲子園に出場したことがなくても、プロの世界で活躍している選手で“ベストチーム”を組んでみた。今回はパ・リーグ編だ。...
別窓で開く

史上最強と謳われる江川、通算13本塁打の清原、決勝でノーノーを達成した松坂——甲子園を席巻した“怪物”たち
高校野球の歴史上、“超高校級”を超えて“怪物”扱いされた選手が何人かいる。圧倒的な実力と存在感からついた称号だ。今回は全国の高校球児たちの前に立ちはだかった“甲子園の怪物”たちを紹介しよう。▼江川卓(作新学院)出場:73年春・夏...
別窓で開く

“地方大学“で台頭した名手たち——球界を牽引する6選手の知られざる足跡を振り返る
大学野球界も“地方再生“の時代だ。 大学野球と言えば「東京六大学」「東都大学」が実力、人気ともに2トップの座を長らく守り続けてきた。しかし、少子化が進み、「大学全入時代」に突入した2010年頃から、進学率も頭打ちになり、私大の定員割れが続出した。大学側も学生確保のための対応策...
別窓で開く


<前へ1次へ>