本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



<1年前のワイドショー>岸田内閣誕生から1年 当時の小学生らの不安が的中!?
<1年前のワイドショー>岸田文雄内閣が誕生したのは、ちょうど1年前の昨(2021)年10月4日でした。現在(22年)は、国葬や旧統一教会問題で支持率が急落していますが、当時のワイドショーはどう取り上げていたのでしょうか。...
別窓で開く

政治家・安倍晋三の30年とは…「節目になった4つの年」を検証する
■1993年 スタートは野党議員(1993年、細川連立政権樹立(C)日刊ゲンダイ) ドン底から這い上がり、絶頂を極めたあと、銃弾に倒れた安倍元首相。30年間の政治家人生は、どのようなものだったのか。節目になった年を中心に政治ジャーナリストの泉宏氏に解説してもらった。 ◇  ◇  ◇ 故安倍晋三元首相...
別窓で開く

旧統一教会と自民党との関係が次々と明るみに出る中、この問題を追及し続けているジャーナリストの鈴木エイト氏は、疑惑の本筋は「誰がやらせていたか」だと指摘する。エイト氏が「もっと追及されるべき」と名指しした首相経験者とは? ひろゆき氏との特別対談をお届けする。(第2回)※本記事の情報は対談を収録した20...
別窓で開く

「財務省に操られている印象」が払拭できない岸田総理 〜安倍官邸にあって岸田官邸にないもの
ジャーナリストの鈴木哲夫と、産経新聞社・月刊「正論」編集長の田北真樹子が9月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田官邸のあり方について解説した。...
別窓で開く

「入閣は次でいい」森喜朗、青木幹雄らとの会食で岸田首相が頭を下げたドンの言葉《茂木交代も主張》
 月刊「文藝春秋」の名物政治コラム「赤坂太郎」。2022年10月号「死せる晋三、生ける岸田を惑わす」より一部を転載します。◆◆◆■麻生が口にした「何かと色々あるでしょうから」 元首相の安倍晋三が暗殺されてから2カ月。目の上のたんこぶが消えたことで、首相の岸田文雄のことを誰もが「強運の男」と考えた。だ...
別窓で開く

安倍元首相が凶弾に倒れてから1か月以上がたつ。モリ・カケ・サクラと在任中は連日メディアを賑わしてきたが、死してもなお安倍氏の話題で持ち切りだ。大きすぎる存在を失った今、マスコミが陥っている「安倍ロス」に迫る。◆安倍元首相の死によって報道の中心に空洞ができた「記者を辞めて、アパレルとか農業とか、全然違...
別窓で開く

日本国民は「一致結束して戦い抜くのだ」という覚悟を持てるか ウクライナと同じことが日本に起きても不思議ではない
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が9月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

「2%をどう達成するか」という議論は本末転倒 防衛費「NATO基準」GDP比2%に
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が9月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。政府が「5年間でGDP比2%の増額を目指す」とする防衛費の増額について解説した。※イメージNATO基準 〜5年間でGDP比2%の防衛費増額を目指す政府は防衛費の増額について、NATO基...
別窓で開く

林芳正外相の“国家老県議”も「統一教会」系団体の会長だった
 林芳正外相(61)の衆院鞍替えなどを支援してきた地元の重鎮県議が、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)系団体の会長を務めていることが「 週刊文春 」の取材でわかった。  林氏は8月2日の記者会見で「教団とは何ら関わりがない」と述べていたものの、8月10日の内閣改造当日、統一教会系メディア「世界日報...
別窓で開く

安倍元首相に最も食い込んだNHK・岩田明子記者の退職 今後の身の振り方とは? 銃撃の余波という声も
■ゴッドマザーからも全幅の信頼 NHKの政治部で記者として活躍し、数々のスクープをものにしてきた岩田明子解説委員が7月31日付でNHKを退職していたことがわかった。7月に凶弾にたおれた安倍晋三元首相に「最も食い込んだ記者」として知られてきた岩田氏。今後の身の振り方はどういったものになるのだろうか? ...
別窓で開く


[ 宏池会 ] の関連キーワード

ウクライナ nato 統一教会 gdp nhk
自民党 財務省

<前へ12345次へ>