本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



3660万円賠償判決、大川市は控訴せず 福岡小4・ゴール下敷き死
 福岡県大川市立川口小で2017年1月、4年生の晴翔(はると)さん(当時10歳)が倒れたゴールポストの下敷きになって死亡した事故を巡る訴訟で、同市は28日、市に約3660万円の支払いを命じた福岡地裁久留米支部の判決を受け入れ、控訴しないと発表した。 市はこの日の庁内会議で控訴しないことを決定。...
別窓で開く

ゴールポスト下敷き小4死亡 福岡・大川市に3660万円賠償命令
 福岡県大川市立川口小で2017年1月、4年生の晴翔(はると)さん(当時10歳)が授業中に倒れたゴールポストの下敷きになって死亡した事故を巡り、両親が市に約4320万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁久留米支部は24日、市に約3660万円の支払いを命じた。...
別窓で開く

日生劇場60周年で三島由紀夫×宮本亞門『午後の曳航』、音楽劇『精霊の守り人』など
日生劇場が来年2023年に開場60周年を迎えるのにあわせて6月22日、60周年記念主催公演の制作発表会見が開催され、記念ロゴも発表された。会見には三島由紀夫作『午後の曳航』演出の宮本亞門、オペラ『メデア』演出の栗山民也、音楽劇『精霊の守り人』演出の一色隆司らが出席した。...
別窓で開く

望月衣塑子氏×布施祐仁氏が対談。自衛隊海外派遣の30年は「嘘」と「隠蔽」の歴史だった!?
2016年に自衛隊南スーダンPKO部隊の日報隠蔽問題を暴き、現地が戦闘状態であったことを明らかにしたジャーナリストの布施祐仁(ふせ・ゆうじん)氏。この事件は、結果的に隠蔽を指示していた稲田防衛大臣を辞任に追い込み、危険な戦闘地帯から部隊を撤収させることにも繋がった。...
別窓で開く

上橋菜穂子が誘う、新たな異世界の物語。とてつもない想像力に圧倒される。
 「香りで万象を知る<香君(こうくん)>という女性がいた。」 『精霊の守り人』『獣の奏者』『鹿の王』などで知られ、2014年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子さん。本書『香君』上・下巻(文藝春秋)は、新たな世界を描いた物語としては『鹿の王』以来、7年ぶりとなる新作長編。 本作は、上・下巻...
別窓で開く

パンツ丸見えで気絶。大恥の女子高生に、一発逆転のハッピー事件
すっかり初夏になり、徐々に薄着になる機会が増えましたよね。そうなると気になるのが二の腕のたるみや、ぽっこりお腹…。多様性の時代になり自分の体型を認めたいと思いつつも、ダイエットをしたくなってくる方も多いはず。...
別窓で開く

鈴木大介が映画&ピアソラ。
ゴールデンウィークの東京・丸の内を音楽で彩る「丸の内ミュージックフェス」。5月4日(水・祝)東京国際フォーラム・ホールCでギタリスト鈴木大介がプロデュースするのが「シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴」。映画とピアソラだ。「子供はとにかくいい演奏を聴かないとダメだぜ!って思います(笑)。ファミリー向け...
別窓で開く

GW恒例のクラシック音楽イベント「丸の内ミュージックフェス」が今年も開催!
5月3日(火・祝)から5日(木・祝)まで東京国際フォーラムホールCで「丸の内ミュージックフェス メインコンサート」が開催される。期間中は国内で活躍する演奏家によるクラシックコンサートが開催。同期間中には無料コンサートも開催されており、気軽に音楽に触れることができる。本イベントは3日間で計6公演が予定...
別窓で開く

〈『香君』刊行インタビュー〉上橋菜穂子がわくわくした“香りと植物”の世界 「風邪で焼き魚の匂いがしないと気づいたとき、世界が平坦になった気がしました」
植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力 から続く 上橋菜穂子さんの最新作 『香君』 の主人公、アイシャは、人並外れた嗅覚の持ち主。彼女が感じている<香りの声>で見えてくる世界とは一体どのようなものなのか。上...
別窓で開く

植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
「人間が命を繋いでいられる理由、見えないネットワークにすごく心惹かれるのです」上橋菜穂子の7年ぶりの物語『香君』が映し出すもの から続く『獣の奏者』では人には慣れない獣が、『鹿の王』ではウィルスが、この世界をひもとく重要なモチーフとして描かれていた。そして、最新作 『香君』 では植物の知られざる...
別窓で開く


[ 菜穂子 ] の関連キーワード

日生劇場 由紀夫 自衛隊 丸の内

<前へ1234次へ>