本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



橋下徹氏 誤入金で容疑者の弁護人になったら?「慰謝料請求やる」にスタジオどよめき
 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)が、21日放送の読売テレビ「今田耕司のネタバレMTG」(土曜前11・55)に出演し、山口県阿武町が新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円を住民に誤送金した問題について、法律家の視点から解説した。 山口県警は18日、電子計算機使用詐欺の疑いで、同町の...
別窓で開く

女性リーダーが活躍できない日本は世界に後れを取っている(三枝成彰)
 プーチンの思考回路は20世紀のままらしい。手前勝手な理屈をもとに力で他国の主権を踏みにじるさまは、かつてのヒトラーを思わせる。時代錯誤も甚だしい。彼がよりどころとする武力による統治は、すでに過去の遺物となりつつある男性優位、マッチョイズムを体現しているように思える。...
別窓で開く

 タイ発電所建設をめぐり不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)罪に問われた「三菱日立パワーシステムズ」元役員、内田聡被告(67)の上告審判決が20日、最高裁第2小法廷であった。菅野博之裁判長は、現金供与した部下らとの共謀を否定して罰金250万円とした二審東京高裁判決を破棄し、一審を支持。懲役1年6...
別窓で開く

最高裁長官に「戸倉三郎氏」 政府が閣議決定
政府は20日朝の閣議で、6月定年退官する最高裁判所の大谷直人長官の後任に戸倉三郎判事を指名することを決定しました。最高裁長官の後任として指名される戸倉氏は、山口県出身の67歳で2017年から最高裁判事をつとめています。1982年に裁判官となり、刑事裁判を担当した経験が豊富で、裁判員制度の定着にも尽力...
別窓で開く

最高裁長官に戸倉氏決定=後任判事に今崎東京高裁長官
 政府は20日の閣議で、6月22日に定年退官する大谷直人最高裁長官の後任として、戸倉三郎最高裁判事(67)を第20代長官に指名することを正式に決めた。後任には今崎幸彦東京高裁長官(64)を充てる。発令はいずれも同23日以降の予定。 【時事通信社】...
別窓で開く

「犯罪に問われないのは治安上問題」 山口誤給付で若狭勝弁護士
 山口県阿武町が新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円(463世帯分)を誤給付した問題で、振り込まれた無職、田口翔容疑者(24)=同町=が18日、電子計算機使用詐欺容疑で同県警に逮捕された。今後の捜査の見通しはどうなるのか、元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士に聞いた。【聞き手・中里顕】...
別窓で開く

最高裁長官に戸倉三郎氏が就任へ 最高裁判事、大谷直人氏の後任
 6月22日に定年退官する大谷直人・最高裁長官(69)の後任となる第20代長官に、戸倉三郎・最高裁判事(67)の就任が内定した。大谷長官が19日、戸倉氏とともに岸田文雄首相を訪ねた。20日にも閣議で正式に指名を決定し、天皇が任命する。長官交代は2018年以来で、裁判官出身の長官は12代連続。戸倉氏の...
別窓で開く

最高裁長官に戸倉氏就任へ=大谷氏の後任、20日にも決定
 政府は19日、来月22日に定年退官する大谷直人最高裁長官(69)の後任となる第20代長官に、戸倉三郎・最高裁判事(67)を指名する方針を固めた。20日にも閣議決定する見通し。 戸倉氏は裁判官出身で、主に刑事裁判を担当。17年の最高裁判事就任後は、夫婦別姓訴訟の大法廷決定で、別姓を認めない民法の規定...
別窓で開く

原発事故避難者訴訟、6月17日に最高裁判決 初の統一判断
 2011年3月の東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県から他県などに避難した住民らが国と東電に損害賠償を求めた4件の訴訟(原告数約3700人)の上告審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は19日、6月17日に判決を言い渡すことを決めた。争点は国の賠償責任の有無に絞られており、小法廷は初めて統一判...
別窓で開く

原発避難訴訟、6月17日判決=「国の責任」統一判断へ—最高裁
 東京電力福島第1原発事故で避難した住民らが国に損害賠償を求めた4件の集団訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は19日、判決期日を6月17日に指定した。原発事故をめぐる国の責任について初の統一判断が示される。 主な争点は、事故原因となった津波を予測できたかの「予見可能性」と、対策を講じていたら...
別窓で開く