本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



米国「北の核実験」を懸念…「韓国などの同盟国と緊密に協力」
米国防省は北朝鮮による核実験の可能性について「韓国など同盟国との協力を続けていく」という立場をあらためて明らかにした。24日(現地時間)米国防省の報道官は会見を通じて「北朝鮮による核実験の準備が懸念される」とし「これは域内安保の阻害行為であり、われわれが注視していることだ」と強調した。...
別窓で開く

米国「朝鮮半島の完全なる非核化が、米政策の焦点」…尹大統領の発言を「懸念」
「自体核武装」の可能性を言及したユン・ソギョル(尹錫悦)韓国大統領の発言について、米国政府は「朝鮮半島の完全な非核化」の重要性を強調した。「韓国の核武装は、域内の安定を損なう」と懸念したのである。米国防省は12日(現地時間)、尹大統領が “独自核武装”の可能性を言及したことについて「米国の政策は依然...
別窓で開く

「弾道ミサイルが重すぎて橋を渡れず」北朝鮮軍が危機感
北朝鮮国防省が、戦略的に重要とされる地域に架けられた橋梁の全面的な点検に乗り出しているという。有事に際し、弾道ミサイルなどの移動に支障が出かねないとの危機感からだ。デイリーNKの北朝鮮内部情報筋によれば、「国防省は全国の主要な戦略地域にある老朽化した橋や、耐荷重の基準を満たしていない橋に対する安全点...
別窓で開く

北朝鮮の無人機侵犯で高まる軍批判=韓国
韓国では北朝鮮無人機の領空侵犯を巡り、軍に対する批判が高まっている。無人機が領空侵犯だけでなく、大統領室周辺の飛行禁止区域(P73)まで侵入。軍の対応だけでなく、大統領への報告も遅れたことが明らかになったためだ。軍は近く、同事件について監察に乗り出すものとみられる。韓国国防省と合同参謀本部、陸軍など...
別窓で開く

ウクライナ戦争でロシアは弾薬不足に陥っているのか。戦線ではウクライナに押されているとされているロシアが、そのため北朝鮮から弾薬や砲弾などを購入している??。そういう話が広がっている。2022年9月6日、アメリカ国防総省の報道官が「ロシアが北朝鮮から砲弾を購入している」との見方を示し、その後同年11月...
別窓で開く

兵士ら15人「生き埋め」に…金正恩 “残酷ビジネス” の舞台裏
北朝鮮において金(ゴールド)は、朝鮮労働党の重要な資金源となるため、個人の所有、売買などは認められていない。もっと言うなら、金は独裁者である金正恩総書記の所有物に等しく、誰も手を出してはならないのだ。違反者は、死刑を含めた重罪に処されるが、実際は密輸が横行している。その出どころは当然、北朝鮮国内の金...
別窓で開く

米研究者「韓国はNPTを脱退して核武装する権利がある」…米国防省系媒体に答える
韓国が核拡散禁止条約(NPT)から脱退し、独自の核武装に乗り出すのは合法的で正当だという主張が米国から出ている。 ダリル・プレス米国ダートマス大学教授は北朝鮮の長距離ミサイル開発で米国の核の傘の信頼度が落ちたとし、韓国が自ら抑制力強化方案を模索しなければならないと明らかにした。...
別窓で開く

【北朝鮮幹部インタビュー】ロシアに武器輸出して小麦粉と原油を受け取った
ウクライナ侵攻を進めているロシアに対して、北朝鮮が武器を提供しているという疑惑が取りざたされているが、北朝鮮は繰り返し「今までも武器取引はなく、今後もない」と否定している。これについて韓国デイリーNK取材班は、北朝鮮の高位幹部とのインタビューを行った。...
別窓で開く

米国防省の元高位者が、日本が北朝鮮に反撃能力を行使する際に韓国政府の許可を得る必要はないと明らかにしている。米国防総省が運営するメディア「VOA(ボイスオブアメリカ)」韓国語版は17日、ハイノ・クリンク(Heino Klinck)元国防次官補代理のインタビュー記事を掲載し、このような内容を報じた。...
別窓で開く

金正恩、期待のドローン部隊指揮官「いけにえ」で処刑
朝鮮人民軍航空及び反航空軍(北朝鮮空軍)の苔灘(テタン)飛行場の無人機(ドローン)大隊の副大隊長が軍事裁判にかけられ、死刑判決を受けた。刑は今月10日に執行されたと、デイリーNKの軍内部情報筋が伝えた。北朝鮮は2015年に無人機部隊を立ち上げ、韓国との軍事境界線に近い苔灘に、自爆型ドローンを配備して...
別窓で開く


[ 国防省 北朝鮮 ] の関連キーワード

朝鮮半島 国防省 北朝鮮 ロシア