本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアのスパイか、亡くなった幼児の名前を使い35年間を過ごした夫婦が逮捕(米)
亡くなった幼児の名前を使って35年間を過ごしたアメリカ人夫婦が、なりすましの罪で起訴された。米政府の行き過ぎた捜査を批判している夫婦だが、彼らはロシアのスパイである可能性も指摘されており、捜査関係者によると「KGBの制服らしい姿の夫婦の写真」など多くの証拠が見つかったという。『CBS News』など...
別窓で開く

ウクライナからの小麦が入らず、第三世界の国々で「政情不安」が起こる可能性も
地政学・戦略学者の奥山真司が7月26日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナ南部・オデッサ港へのミサイル攻撃について解説した。※画像はイメージですロシアがウクライナのオデッサ港への攻撃を正当化ロシア国防省は、ウクライナ産穀物の輸出拠点となるウクライナ南部の...
別窓で開く

機雷敷設の犯人はロシアかウクライナか 穀物輸出を阻む厄介者どう駆除 日本も無関係でない?
ロシアのウクライナ侵攻後、黒海に敷設された機雷について、ロシアとウクライナは「どちらが敷設したのか」という点などで批難の応酬をしています。本稿では侵攻当初からの状況を検証し、その実態と今後の課題を探ります。黒海の漂流機雷、トルコやルーマニアにも到達 ロシアの海上封鎖でウクライナの穀物や石油の輸出が停...
別窓で開く

ルーマニア MiG-21の一掃を決定 ノルウェーと中古F-16戦闘機32機の購入契約を締結
ノルウェーはF-35Aの導入でF-16を退役させました。NATO内での相互運用性の向上も目的 ルーマニア国防省は2022年6月17日、ノルウェー王国とのあいだで中古のF-16戦闘機32機に関する売買契約を締結したと発表しました。 説明によると購入金額は4憶5400万ユーロ(日本円で約635憶6000...
別窓で開く

“黒海でロシア艦隊撃滅”の先にあるもの ウクライナが決して譲れないワケ 長期化必至か
海軍戦力を喪失しているウクライナ軍は、今のところミサイルやドローンでロシア黒海艦隊の戦力を減殺中です。黒海北西部で進行するこれらの戦闘に注目してみると、戦争の長期化が現実味を帯びてきます。ロシア海軍にとって重要な黒海の位置づけ ロシア軍によるウクライナ侵攻が開始されて以降、ロシア海軍の艦船が相次いで...
別窓で開く

ドイツ政府が決断 ウクライナへ「ゲパルト」対空戦車を供与
ソックリ姉妹として「シーザー」なる対空戦車も。ブラジルやルーマニアも使用する「ゲパルト」 ドイツ国防省は2022年4月26日(火)、ウクライナに自国製の「ゲパルト」対空戦車を引き渡すと発表しました。...
別窓で開く

サーブ「グリペン」戦闘機をスウェーデンが売り込み 旧ソ連製「ミグ」配備のクロアチアに
スウェーデンのサーブが開発した「グリペン」戦闘機は、そこそこの性能で価格が安い、いわゆるコスパに優れた戦闘機として採用国を徐々に増やしています。さらにスウェーデンはアドリア海に面したクロアチアにも導入提案を行いました。 スウェーデン国防省は2020年9月9日(水)、クロアチアに対して自国サーブ製JA...
別窓で開く


<前へ1次へ>