本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“第4.5世代機は時代遅れ”中欧チェコ F-35「ライトニングII」ステルス戦闘機を導入
ロシアの脅威が影響しているのは間違いなし。空戦能力以外に「空中指揮所」としての性能も チェコ国防省は2022年7月20日(水)、最新戦闘機としてアメリカのロッキード・マーティン製F-35「ライトニングII」戦闘機の導入を決めたと発表しました。...
別窓で開く

露骨すぎない!? ロシア新戦闘機のプロモ動画で名指しされた国とは 各国が抱える事情
ロシアの国営メーカーが新型軽戦闘機「LTSチェックメイト」を発表しました。そのプロモーション動画は、「売り込み先」が清々しいほどよくわかるものです。新型戦闘機の性能と、それを欲する国々の事情を探ります。...
別窓で開く

デンマーク 米テキサス州で最初のF-35A戦闘機を受領 ロッキード・マーチン
デンマーク向けF-35には尾翼に「L」が描かれているのがポイント!「ダニッシュ・ライトニング」お披露目 デンマーク国防省は2021年4月7日(水)、アメリカ南部テキサス州フォートワースにあるロッキード・マーチンの工場において自国向けのF-35A「ライトニングII」戦闘機のロールアウト式典が実施された...
別窓で開く

フィンランド 次期戦闘機の選定計画に関する最終オファーを候補5機種に対し送付
2021年末に機種決定する予定です。マルチロール性も判断基準の一つ フィンランド国防軍は2021年1月29日、「HXファイター・プログラム」(フィンランド次期戦闘機選定計画)の最終的な要求仕様書を各メーカーに送付したことを明らかにしました。 ファイナル・オファーを出したのは、以下の5機種です。...
別窓で開く


<前へ1次へ>