本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 【リビウ(ウクライナ西部)=工藤彩香】ウクライナ南部ザポリージャ州の親ロシア派武装集団の幹部は12日、露軍が占拠しているザポリージャ原発周辺の防空態勢を強化したと露国営テレビで語った。国連などが求めていた原発周辺の非武装地帯設置を拒否する姿勢を改めて示した。...
別窓で開く

台湾、中国軍の演習常態化に危機感、海空域封鎖で周辺諸国の物流混乱に懸念も
中国軍が台湾本島を事実上包囲する形で実施した軍事演習を受け、台湾は演習を名目とした軍事威嚇が常態化することに危機感を強めている。海空域の封鎖で一部の貨物船や航空便が欠航や航路変更を余儀なくされ、台湾のみならず、日本を含む周辺諸国の物流が混乱する懸念も高まっている。...
別窓で開く

 【リビウ(ウクライナ西部)=工藤彩香】ウクライナ軍の高官は11日、首都キーウで記者会見し、ウクライナを侵略するロシア軍の攻撃手法の変化や部隊の現状について分析した。露軍は空爆の回数を増やしているが精度は低く、司令官や将校の多くが解任されるなど混乱ぶりが際立つとい...
別窓で開く

ベラルーシの軍用飛行場で爆発、ウクライナ国境近く…ロシア軍が弾薬移送に使用か
 ベラルーシ南東部のジャブロフカ軍用飛行場で、10日深夜から11日未明にかけて爆発があった。ベラルーシの独立系軍事監視団体によると、爆発は少なくとも8回発生したという。ウクライナ国境から約25キロ・メートルに位置する飛行場には露軍が駐留し、ウクライナ戦線への弾薬移...
別窓で開く

英国防省 クリミア基地での爆発「黒海艦隊の航空機運用能力が低下」
イギリス国防省は、ロシアが一方的に併合した、ウクライナ南部クリミアの軍用飛行場で起きた爆発について「ロシア軍の黒海艦隊の航空機運用能力を著しく低下させた」との分析を明らかにしました。イギリス国防省は、12日9日にクリミアのサキ軍用飛行場で起きた爆発について「原因はよくわからない」としながらも、「最大...
別窓で開く

 【ワルシャワ時事】ロシアとの合意でウクライナからの穀物輸出が再開したことを受け、国連がチャーターした貨物船が12日にも、ウクライナ南部の港に到着する。「アフリカの角」と呼ばれるアフリカ大陸北東部地域向けの穀物を載せる予定で、深刻な食料危機を抱える国々に直接向かう貨物船は初めて。米紙ニューヨーク・タ...
別窓で開く

台湾、2回目の重砲訓練実施=今月中にミサイル試射も
 【台北時事】台湾国防部(国防省)によると、陸軍は11日、南部・屏東県で定例の重砲射撃訓練を実施した。ペロシ米下院議長の台湾訪問に反発した中国が台湾周辺で軍事演習を繰り返し威嚇を強める中、9日に続く2回目の訓練も予定通り行った。 地元メディアは、訓練では155ミリ榴弾(りゅうだん)砲40門が、敵の上...
別窓で開く

クリミアの飛行場爆発、ロシアは「軍用機9機失った」…ゼレンスキー大統領演説
 【キーウ=工藤彩香】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は10日のビデオ演説で、ロシアが併合した南部クリミアのサキ軍用飛行場で起きた大規模爆発に関し、「侵略者は軍用機9機を失った」と指摘し、クリミアや占領地域の住民に領土奪還に向けた協力を呼びかけた。...
別窓で開く

クリミア半島の軍用飛行場で大規模爆発 被害示す衛星写真公開
9日に大きな爆発のあったウクライナ南部のクリミア半島で、ロシア軍の支配下にある軍用飛行場に被害があったことを示す衛星写真が公開されました。爆発の衝撃を物語る複数のクレーターや航空機の残骸のようなものが写る衛星写真。アメリカの民間企業が撮影したものです。...
別窓で開く

ウクライナの日本人義勇兵「9人」に増加 ロシア国防省公表の最新版資料
ロシア国防省はウクライナ側に加わった外国人の義勇兵に関する最新版の資料を公表。現地に入っている日本人は前回の1人から9人に増えています。ロシア国防省が公開した最新版の資料によりますと、今月5日の時点でウクライナにいる外国人義勇兵は2192人だとしています。...
別窓で開く