本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



蒋介石ひ孫、台北市長選出馬へ=最大野党が擁立決定
 【台北時事】台湾の最大野党・国民党は25日、蒋介石初代総統のひ孫に当たる蒋万安立法委員(国会議員)(43)を11月に行われる台北市長選に擁立することを決定した。台北市長は歴代総統の李登輝、陳水扁、馬英九各氏が経験した重要ポストで、蒋氏にも将来の総統候補と期待する声がある。 【時事通信社】...
別窓で開く

戦乱の世に蘇る「タゴールの忠告」=IT人材育成などバングラディシュ・モデルが花開く
◆アジア初のノーベル文学賞・タゴールの忠告アジア初のノーベル文学賞を1913年に受賞したラビンドラナート・タゴールはベンガル文学の巨星とされ、「ベンガル人の国」を意味する「バングラディシュ」の国歌「我が黄金のベンガルよ」の作詞者だ。タゴールは岡倉天心、横山大観、成瀬仁蔵(日本女子大創設者)等多くの日...
別窓で開く

蒋介石のひ孫、台北市長選へ国民党が擁立…「世界最高の都市の一つにする」
 【台北=鈴木隆弘】台湾の最大野党・国民党は25日、11月に行われる台北市長選に、初代総統・蒋介石のひ孫にあたる蒋万安(ジアンワンアン)立法委員(国会議員)(43)の擁立を決めた。...
別窓で開く

スイスもNATO接近か=オーストリアは中立堅持—ウクライナ侵攻で欧州に動き
 【パリ時事】ロシアのウクライナ侵攻を受け、これまで軍事的中立を保ってきた欧州諸国で、北大西洋条約機構(NATO)との関係を見直す動きが進んでいる。スウェーデンとフィンランドの加盟申請に続き、永世中立国スイスがNATOとの合同軍事訓練を検討。一方、オーストリアは中立を堅持すると強調している。...
別窓で開く

自民青年局2人のコロナ陽性でさらけ出された台湾の感染爆発…定期交流再開を急ぎすぎ?
 ゴールデンウイーク中に台湾を訪問していた自民党青年局代表団一行の議員2人が台湾でコロナに感染していたことが分かった。コロナ対策の“優等生”と持ち上げられた台湾は今や日本以上に感染が拡大、訪台団と台湾外交部の危機管理に疑問が投げかけられている。 代表団(団長:小倉将信衆議院議員、青年局長)11人は5...
別窓で開く

米司法当局に逮捕された「ヤクザ幹部・エビサワ」 実際は「栃木県の2DKアパートに住むチンケな詐欺師」と被害者が証言
 ロケットランチャーを肩に乗せ、不敵な笑みを浮かべる男の正体は、ショボかった。4月7日、米司法当局は、麻薬の密輸や地対空ミサイルの購入を企てたとして、日本のヤクザ幹部、エビサワ・タケシ容疑者(57)を逮捕したと発表した。だが、男の素性を知る人たちは、「アイツがいつヤクザになっていたんだ?」と失笑して...
別窓で開く

「名前は知っているけれど、どんな国?」を解決 世界212の国と地域を解説した一冊
 否が応でも世界情勢に目がいく昨今。紛争が起こった国々で過去に何が起きていたのか気になる、オリンピックで見て「名前は知っているけれど、どんな国だっけ?」と疑問に思ったなど、世界の国々に注目する機会が増えたのではないでしょうか。 今回紹介する井田仁康さんの著書『読むだけで世界地図が頭に入る本 世界21...
別窓で開く

「小麦が高いなら米を食え」台湾農業当局トップの発言が波紋—中国メディア
2022年4月1日、中国メディアの観察者網は、台湾で小麦価格が高騰する中、農業当局トップの発言が物議を醸していると報じた。記事は、中国時報や中央社などの台湾メディアによる1日付報道として、台湾行政院農業委員会の陳吉仲(チェン・ジージョン)主任委員が先日台湾での小麦粉価格高騰問題についてインタビューを...
別窓で開く

魔都・上海を舞台に女スパイも暗躍。知られざる日中終戦工作
1937年に北京郊外の盧溝橋(ろこうきょう)で日本軍と中国軍が衝突した「盧溝橋事件」は、歴史の教科書で目にしたこともあるでしょう。ここから始まる日中戦争の終結の糸口を探るため、?介石との直接和平工作というミッションを与えられたのが、諜報の神様と呼ばれた小野寺信(まこと)でした。...
別窓で開く

韓国次期大統領の対中外交めぐり台湾で国論二分? 「知恵が足りない」「親中発言するな」
韓国大統領選挙の結果をめぐって、台湾で国論を二分するかのような議論が行われていることが分かった。尹錫悦(ユン・ソンヨル)次期韓国大統領が「サード(高高度ミサイル防衛システム)」の追加配備言及に関連し、「親中」と「反中」を問う議論が台湾政治家の間で交わされた。...
別窓で開く


[ 国民党 ] の関連キーワード

オーストリア ウクライナ スイス 蒋介石

<前へ1234567次へ>