本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“真の全員野球“が体現された2年ぶりの甲子園は、勝利至上主義から脱却する第一歩に
東海大相模の内野手に、背番号通りのレギュラーポジションについた選手はいなかった。大黒柱の主将・大塚瑠晏は離脱したが、適材適所に選手が活躍して10年ぶりに春の頂点に立った。 背番号「4」ながら全試合でマスクをかぶった小島大河は言う。「全員がどのポジション、どの打順になってもいいように準備をしてきました...
別窓で開く

指導者が変わらなければいけない時代——4年ぶりのセンバツ準々決勝で福岡大大濠・八木監督が下した英断〈SLUGGER〉
4年ぶりとなる大舞台での采配に、指揮官の変化を感じずにはいられなかった。 福岡大大濠の監督・八木啓伸はこの日の決断を当たり前のことのように振り返った。「(エースの)毛利(海大)は精神的にも肉体的にも疲れが少なからず残っているので、馬場(拓海)を先発させました。昨年の秋、馬場はこういう場面で投げていま...
別窓で開く


<前へ1次へ>