本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



内閣支持率が低迷している。参議院議員の鈴木宗男氏は「防衛費の倍増は国会でも議論せず、閣議決定だけで決めたのだから、国民の理解を得るという意味で後手に回っている。そこまで増税したいのならば、自ら身を切る覚悟を示すべきだ」という——。■「青木の法則」ではすでに危険水域岸田文雄内閣の支持率が低迷しています...
別窓で開く

岸田文雄総理「旧統一教会解散」で自民党がぶっ壊れる(2)安倍派から“福田系”が分裂
 一方、この岸田総理の予期せぬ発奮答弁で大パニックに陥っているのが、霞が関の官僚たちだという。「霞が関で寝た振りをしている部署は2つ。1つは国会議員の政治資金収支報告書の窓口になる総務省。もう1つが、文化庁の宗務課です。オウムの事件以降、この課に違法な宗教団体を調査する『質問権』が与えられたが、実際...
別窓で開く

「政教分離」が聞いてアキレる!政治家と宗教「ズブズブ暗黒史」(3)国家公安委員長よ、オマエもか!旧統一教会の摘発に「待った」をかけた「政治圧力」
 8月10日、岸田文雄総理は大幅な内閣改造を断行した。自民党の役員人事も含めた今回の大改造にあたり、岸田総理・総裁は新閣僚と新役員らに旧統一教会(世界平和統一家庭連合)とのこれまでの関係を自己申告させた上で、今後は関連団体も含めた旧統一教会との関係を完全に断つよう厳命し、各人に約束させた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>