本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



《暴対法の規制は継続》「独立は認めない」神戸山口組から離脱した侠友会と宅見組に警察当局は「内紛は一時的なものかもしれない」
《主要5組織が全離脱》ヤクザも驚いた「異例の2度の絶縁」山口組分裂8年目で迷走する神戸山口組の処分から垣間見える“メッセージ” から続く 6代目山口組との対立抗争が続く神戸山口組の組織縮小が続いている。2015年8月に6代目山口組を離脱した際には山健組など中核5組織を中心に13組織で結成され、構...
別窓で開く

《チャイニーズドラゴン乱闘騒ぎの全真相》出所してきた主役に別派閥の男が殴りかかり、約10人が大立ち回り…「もぬけの殻の会場は料理やビール瓶が散乱し、テーブルはひっくりかえっていた」
 東京・池袋の家族連れに人気のスポット「サンシャインシティ」で勃発した乱闘騒ぎが大きな注目を集めている。事件が起きたのは10月16日18時半頃。「サンシャイン60」の58階に入るフレンチレストランの従業員から、「客同士がケンカして暴れている」と110番通報が入った。社会部記者が解説する。...
別窓で開く

「警察に恥をかかせるな」6代目山口組が“安倍国葬”の日に“ヤクザの活動自粛”を通達したワケ
 世論が大きく分断された元首相・安倍晋三の国葬が9月27日、東京都千代田区の日本武道館で行われ、無事終了した。参院の選挙戦最中の7月8日、安倍が遊説先の奈良県で銃撃されて死亡するといった衝撃的な事件だっただけに、首都・東京で行われた国葬の警備は警視庁だけでなく他県警からの応援も含め約2万人の警察官を...
別窓で開く


<前へ1次へ>