本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



《チャイニーズドラゴン乱闘騒ぎで5人逮捕》出所してきた主役に別派閥の男が殴りかかり、約10人が大立ち回り…「もぬけの殻の会場は料理やビール瓶が散乱し、テーブルはひっくりかえっていた」
 東京・池袋の高層ビル「サンシャイン60」の58階にあるフランス料理店に押しかけ乱闘騒ぎを起こしたとして、警視庁は7日、準暴力団「チャイニーズドラゴン」のメンバーの男(51)ら5人を建造物侵入と威力業務妨害の疑いで逮捕した。男はチャイニーズドラゴンで東京・上野を拠点とするグループのトップだという。...
別窓で開く

攻撃者視点のサイバーリスク診断「アタックサーフェスアナリティクスサービス」、AOSデータが提供開始 攻撃の糸口となるデジタル資産や攻撃のヒントになる漏えい情報を調査
 AOSデータ株式会社は、サイバーリスク診断サービス「アタックサーフェスアナリティクスサービス」の提供を開始した。...
別窓で開く

高齢運転者から免許証を「取り上げる」以外に国がするべきこと
ジャーナリストの鈴木哲夫が11月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。高齢運転者による交通事故防止対策について解説した。...
別窓で開く

警視庁マークの中国美女に溺れる松下新平議員、家庭崩壊の危機 義母は「娘は再三再四、注意していた」
 孔子は「修身斉家治国平天下」と説いた。自身と家庭と国を整えることが世に貢献する道だというのだ。しかし、この箴言と真逆の振る舞いで、国家主権をも危うくする議員がいた。彼は中国人女性を傍に置き、国際社会を脅かす習近平の工作に加担した疑いが……。 *** 令和4年版の警察白書によれば、日本には1149の...
別窓で開く

<W解説>ソウル・梨泰院の事故受け韓国で関心が高まる日本の雑踏警備体制
先月29日、韓国・ソウルの繁華街イテウォン(梨泰院)で大規模な転倒事故が起きたことを受け、韓国では日本の雑踏警備にも関心が集まっている。大韓弁護士協会は1日、声明を発表し「政府と国会は、主催者がいない一定場所に人手が集まる状況に備え、隣国・日本の雑踏警備体制など海外事例を参考に、多くの人が集まる行事...
別窓で開く

警察庁が解説するフィッシング詐欺の事例と対策、民間企業には「DMARC」での対応と被害相談・報告をお願い 「フィッシング対策セミナー 2022」開催
サイバー空間はすでに公共空間に、犯罪対策が必要  フィッシング対策協議会は11月4日、「フィッシング対策セミナー 2022」を開催した。...
別窓で開く

「電磁波が出ている…」 探偵が精神疾患者を騙して逮捕 「誇大広告が当たり前」の探偵ビジネスの闇
「電磁波攻撃を受けている」と訴える相談者が精神疾患を抱えていると知りながら、不当に調査費用を支払わせたとして、東京都渋谷区の探偵業者3人が警視庁に準詐欺容疑で逮捕された。この業者は精神疾患がある人を狙って215件も契約し、約1億3000万円を荒稼ぎしていたという。都内で20年以上、探偵業を営んできた...
別窓で開く

自民党議員が警視庁マークの「中国人女性」に溺れて首相に紹介 夫婦関係は危機に、情報漏洩リスクも
■中国の「海外警察」が日本にも 英国の公共放送BBCが先ごろ〈中国、警察の出先機関を外国で設置か〉と報じたが、なんとこの「違法拠点」は日本にも設置されている。さらに、自民党の松下新平参院議員(56)は、登記されている問題の団体の常務理事である40代の中国人女性と“密接”な関係にある上、この団体の「高...
別窓で開く

バルト人が日本に持ち込んだ偽米ドル札 北朝鮮ではない“意外な製造国”とは
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、日本に持ち込ま...
別窓で開く

皇居を1時間以上も勝手に徘徊して捕まった中国人の正体 元公安警察官も?然
 日本の公安警察は、アメリカのCIA(中央情報局)やFBI(連邦捜査局)のように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を数十年歩、数年前に退職。昨年9月に『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、皇居内を勝手に徘...
別窓で開く



<前へ1234567次へ>