本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



かっぱ寿司前社長、転職直前に秘密保持契約に署名 違法性認識か
 大手回転ずしチェーン「はま寿司」の営業秘密を不正に入手したなどとして不正競争防止法違反の疑いで逮捕された「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト(横浜市)の前社長、田辺公己容疑者(46)がはま寿司から転職する直前、はま寿司側と秘密保持に関する誓約書に署名していたことが捜査関係者などへの取材で分か...
別窓で開く

第98代警視総監に小島裕史官房長…安倍氏国葬の警備指揮した大石吉彦総監が辞職
 警視庁の大石吉彦警視総監(59)が辞職し、後任の第98代警視総監に警察庁の小島裕史官房長(57)を充てる人事が3日の閣議で了承された。発令は6日。...
別窓で開く

営業秘密の流出原因4割「転職者リスク」…かっぱ寿司社長も「軽い気持ちでやってしまった」
 回転ずし大手「はま寿司」の元取締役がライバルの「かっぱ寿司」に転職した際に営業秘密を持ち出したとされる事件は、転職者による情報流出のリスクを浮き彫りにした。専門家は、情報を管理する企業と、転職者を受け入れる企業の双方が対策を強化する必要性を指摘する。...
別窓で開く

【速報】警視庁トップの警視総監が交代へ 安倍元総理の国葬終わり
政府はきょうの閣議で、警視庁のトップ警視総監を交代させる人事を承認しました。政府はきょうの閣議で、警視庁のトップ・大石吉彦警視総監(59)の後任に警察庁の小島裕史官房長(57)をあてる人事を承認しました。大石氏は去年9月に警視総監に就任、今年7月には警視庁のSPが警護していた安倍元総理への銃撃事件が...
別窓で開く

警視総監に小島官房長=大石氏が退任
 警視庁の大石吉彦警視総監(59)が退任し、後任の第98代警視総監に警察庁の小島裕史官房長(57)が就任する人事が3日の閣議で了承された。発令は6日付。 小島氏は警察庁外事課長など主に警備部門のポストを歴任。警視庁警備部長だった2019年には、天皇陛下の即位に伴う一連の儀式の警備を指揮した。 大石氏...
別窓で開く

「警察に恥をかかせるな」6代目山口組が“安倍国葬”の日に“ヤクザの活動自粛”を通達したワケ
 世論が大きく分断された元首相・安倍晋三の国葬が9月27日、東京都千代田区の日本武道館で行われ、無事終了した。参院の選挙戦最中の7月8日、安倍が遊説先の奈良県で銃撃されて死亡するといった衝撃的な事件だっただけに、首都・東京で行われた国葬の警備は警視庁だけでなく他県警からの応援も含め約2万人の警察官を...
別窓で開く

テレビや新聞では報じない!重大事件の殺人犯・その後追跡リポート③〜警視庁長官狙撃事件など・中村泰
(画像)Krakenimages.com / shutterstock社会を震撼させた重大事件であっても、ひとしきり報道が過熱し、犯人の裁判が一区切りつくと、われわれが知り得る情報は少なくなりがちだ。面会と文通をはじめとする独自の取材データに基づき、テレビ、新聞が報じない著名な殺人犯の近況を報告する...
別窓で開く

 企業の営業秘密漏えいをめぐる不正競争防止法違反事件は増加傾向にある。人材の流動性の高まりによる競合社への情報持ち出しなどが背景にあり、海外企業への流出も相次いでいる。 警察庁のまとめでは、2021年に全国の警察が摘発した営業秘密に絡む同法違反事件は23件(計49人)で過去最多だった。...
別窓で開く

 深刻化するサイバー攻撃に対応するため新設された警察庁のサイバー特別捜査隊は、10月1日で発足から半年を迎えた。関係者によると、捜査中の「重大サイバー事案」は十数件以上で、海外当局と連携した国際共同捜査への参加も進む。ただ、摘発事例はまだなく、今後は目に見える成果が課題となりそうだ。...
別窓で開く

glafitの電動バイク”ガツンと値上げ” ベンチャーを襲う資材不足と物価高の波
逆に言うと今がセール。自転車型は価格1.4倍、スクーター型は「未定」 電動モビリティベンチャーのglafit(和歌山市)は2022年9月30日(金)、同社製品の価格改定を行うと発表しました。 主力の自転車にもなる電動バイク「GFR-02」は、現在の販売価格19万8000円(税込み、以下同)から、一気...
別窓で開く


[ 警察庁 ] の関連キーワード

glafit 警視庁 山口組