本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ軍も大活用! 3Dプリンターが戦争を変えていた!
ロシア・ウクライナ戦争で、ウクライナ軍の戦力の要になっているドローン部隊。その華々しい活躍の陰で、実はもうひとつの民生技術が暗躍している。銃に使われる小さな部品から大きな防護壁まで、なんでも作れる3Dプリンターだ。21世紀の戦争は、無限の可能性を持つ3Dプリンターを中心に回る!!■20年間は飛ばない...
別窓で開く

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(API)は2月28日で創立10周年を迎えた。節目にあたり、今回から3回にわたり、API研究主幹の細谷雄一・慶應義塾大学法学部教授、API・MSFエグゼクティブ・ディレクターの神保謙・慶應義塾大学総合政策学部教授、API上席研究員の鈴木一人・東京大学公...
別窓で開く

日用品の値上げで家計が大打撃!節約だけじゃ生活を守れない、今すべきこと
<女性が一生、お金に困らないためのレッスン vol.19/経済評論家・佐藤治彦> テレビのニュースや情報番組などで、値上げが取り上げられています。毎日の食料品や、光熱費など、家計を直撃するものばかり…不安ですよね。 いま、生活を守るために、どうすればよいのでしょうか? 新著『素人はボロ儲けを狙うのは...
別窓で開く

「24年ぶりの歴史的円安」1ドル=135円は何がヤバイ? よくわかる円安のメリット・デメリット
2022年6月14日、ニューヨーク外国為替市場において一時、1ドル=135円48銭と1998年10月以来の円安水準になりました。およそ24年ぶりとなる円安水準に「歴史的円安」などの声も上がり話題となっていますが、一体何が“ヤバイ”のか、騒がれている理由が今ひとつ掴めていない方もいるのではないでしょう...
別窓で開く

アンモニアを燃料にして火力発電所を脱炭素化する——小野田 聡(JERA代表取締役社長)【佐藤優の頂上対決】
 ロシアのウクライナ侵攻でやや風向きが変わったとはいえ、欧州各国は電力供給源を風力や太陽光など再生可能エネルギーに転換しようとしている。いまや火力発電はすっかり悪玉だが、それを新技術でCO2排出ゼロにすべく挑んでいるのがJERAである。日本発「脱炭素火力発電」は世界を変えるか。...
別窓で開く

いつまで日本は「敵国」か?=死文化されても消えない「旧敵国条項」—日中領土紛争にも絡む?
◆日本政府、国連改革の優先事項に国連憲章にはいまだに旧敵国条項が記載されている。この旧敵国条項の削除は、日本政府が目指す国連構想改革の優先事項の一つとなっている。1945年10月に設立された国際連合には、第二次世界大戦で連合軍と戦った国を敵国としてみなす条項が、国連憲章第53条、第77条及び第107...
別窓で開く

—[鈴木涼美の連載コラム「8cmヒールで踏みつけたい」]— 7月10日の参議院議員選挙に向けて各党の公約、候補者が出揃い始めた。自民党は憲法改正、防衛費増額などを掲げ、6月1日には河野太郎広報部長が参院選に向けた自民党の新たな政治活動用ポスターを発表。立憲民主党は物価高対策、教育無償化、安全保障を「...
別窓で開く

◆にわかに盛り上がる「敵基地攻撃」論 ロシアによるウクライナ侵攻というまさかの現実を前にして、ロシア、中国、北朝鮮という非友好的諸国と隣接しているわが国では、にわかに国防論議が盛んになってきた。 政権政党・自民党の安全保障調査会は、「敵基地攻撃(反撃)能力」(先制攻撃能力?)の保有、防衛費をGDP2...
別窓で開く

“悪い”インフレ?  円安・物価高騰の日本が「スタグフレーション」状態だったら今後どうなる?
スタグフレーションのリスクが日本でも高まってきている。このような論調が見受けられるようになってきました。このスタグフレーションとは一体何か? また、過去のスタグフレーションはどのような状態だったか、今求められる対応などを解説します。 ■スタグフレーションとは?景気が後退していく中で、物価上昇が進むこ...
別窓で開く

欧米で人気の写真共有アプリ「BeReal」とは? 重加工が支配する世界に誕生した“リアル”(古市憲寿)
 アメリカやイギリスの学生の間で「BeReal」という写真共有アプリが流行している。アプリから通知があると、ユーザーは2分以内に自分の写真を撮影・公開しないといけない。フィルターによる加工もできない。とにかくリアルな写真を友人に見せろというのだ。その2分に遅れると友人には「遅れた」と通知され、そのま...
別窓で開く


[ 慶應義塾 ウクライナ ] の関連キーワード

bereal ウクライナ jera 小野田 ロシア
リアル

<前へ1234567次へ>