本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



初めての投資! 自己資本比率と株価、配当金で選んだ「島津製作所」【企業分析バトル 北海道大学 チーム・ヒゲペンギンズ】
Season4に入った「シューカツに使える企業分析バトル カブ大学対抗戦」がはじまった。「コロナ相場」での争いとなった昨シーズンは一橋大学が優勝。今シーズンは、「勝者」一橋大学と、初参戦の愛知工業大学チーム、北海道大学、明治大学、慶応義塾大学、同志社大学が参戦する。6か月のカブ大学対抗戦の幕が開い...
別窓で開く

サスペンスドラマの“王道タイトル”から「京都・湯けむり・みちのく」が消えた真相
写真左から船越英一郎、市原悦子、古谷一行 殺人犯が捕まるまでの緊張感や、複雑な人間模様に思わず見入ってしまうサスペンスドラマ。近年では『科捜研の女』(テレビ朝日系)や『相棒』(テレビ朝日系)など、人気シリーズ化しているドラマも多く、幅広い世代を楽しませ続けている。...
別窓で開く

中学受験に挑むわが子に親はどのように接すれば合格を引き寄せられるのか。慶應義塾普通部に合格した子供の両親は本番まで半年の「小6の夏」にわが子へのアプローチをがらりと変えたことが功を奏した。中学受験専門プロ家庭教師集団「名門指導会」の代表・西村則康さんと、同会副代表で理数教育家・辻義夫さんにコロナ禍の...
別窓で開く

「瑠璃色の地球」秘話も 作詞家・松本隆さん 慶応大でシンポ
 「木綿のハンカチーフ」(太田裕美、1975年)、「硝子(がらす)の少年」(Kinki Kids、97年)など多くのヒット曲の作詞を手がけた作詞家の松本隆さん(72)が母校の慶応大三田キャンパス(東京都港区)で「言葉の教室」と題したシンポジウムに登壇した。同大の学生と一般の来場者ら約550人を前に講...
別窓で開く

ただの物忘れなのか…どんな異変があれば認知症外来にいくべき?【名医が答える病気と体の悩み】
(精神科医の今野裕之氏(提供写真))【名医が答える病気と体の悩み】「その話、この間も聞いたと言われました」「忘れ物が増えた」──。 加齢による物忘れなのか、認知症の前兆なのか。迷われる方は少なくありません。分かりやすい基準でいえば、たとえば老親が捜し物をして混乱しているときに、「ハサミはどこかの棚の...
別窓で開く

アミロイドPET検査でアルツハイマー病を迎え撃つ【認知症治療の第一人者が教える 元気な脳で天寿を全う】
(写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ)【認知症治療の第一人者が教える 元気な脳で天寿を全う】 アルツハイマー病は、現在「治す薬」がありません。日本で承認されている4種類の薬はいずれも症状の進行を遅らせるもので、しかも、その効果は長く続きません。 だから長らく「アルツハイマー病を恐れる時代」が続いていま...
別窓で開く

東京五輪スポンサーの責任逃れ…? 朝日新聞社説の“独特すぎる文体”に隠された「ずるい心理」
 驚きました。何がって、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の「公式報告書」のことです。 大会を総括しているのですが、森喜朗前会長のあの女性蔑視発言について次のように総括していたのだ。《森喜朗前会長の女性蔑視発言を指すとみられる項目では「組織委がジェンダー平等や多様性と調和の重要さを再認識する...
別窓で開く

実は大人になってから大学・大学院を受験したと知って意外に思う有名人ランキング
学校教育をいったん離れた後に、改めて興味のあることや学んでおきたかったこと、仕事に役立ちそうなことを教育機関で学び直したいと考える人は少なくないと思いますが、これはメディアで活躍する有名人であっても変わらないようですね。そこで今回は、実は大人になってから大学・大学院を受験したと知って意外に思う有名人...
別窓で開く

“慶應卒の元子役”が400万円の借金を背負ったワケ「しょうがないか…と開き直っていた」
2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格を持ち、資産運用アドバイザーとしても活躍する俳優の崎本大海さん。 2022年4月には著書『もうお金で悩まない』を刊行し、SNSやブログでもマネーリテラシーの啓発を熱心に取り組んでいます。 背景にあったのは、崎本さん自身が借金に苦しんだ20代の経験。...
別窓で開く

NHKお天気キャスター市村紗弥香“むっちりバスト”爆増!出演シーン画像も拡散中
NHK (C)週刊実話Web各局、この春からお天気キャスターを一新。日本テレビ系『ZIP!』は、昨年、オリコン『好きなお天気キャスター』ランキング1位になった貴島明日香が番組を卒業し、ハーフモデルのマーシュ彩に。フジテレビ系『めざましテレビ』は、阿部華也子が『めざましどようび』のメインキャスターに昇...
別窓で開く