本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



自民・浅尾慶一郎、スタッフの給与未払いトラブル 従業員のシングルマザーを一方的に解雇
■「彼に国会議員の適性があるとは思えない」 今回の参院選に神奈川選挙区で自民党から出馬し、同じ自民の三原じゅん子議員を猛追中の浅尾慶一郎元議員(58)。その浅尾氏はいま、元従業員の女性から労働審判を申し立てられていた。 *** 東大、興銀出身のエリートである浅尾氏は、衆院3期に続き、3度目の参院当選...
別窓で開く

三原じゅん子が語った、私設秘書夫への“のろけ” 過去には「公私混同」と批判も
 参院選で神奈川選挙区から自民党候補が2人出馬する異例の事態だ。6年前の参院選で圧勝した三原じゅん子参院議員(57)に加え、自民党は元衆院議員の浅尾慶一郎氏を公認することになったのだ。 *** 6年前の参院選では約100万票を獲得し、圧勝した三原氏も、今回は様相が異なる。「定数4の神奈川選挙区が今回...
別窓で開く

【参院選】自民・三原じゅん子氏、公明・三浦信祐氏は「当確ライン」/神奈川情勢
7月10日投開票の第26回参院選は、6月22日に公示される。日刊スポーツでは全選挙区の最新情勢を、ジャーナリスト鈴木哲夫氏(64)と政治ジャーナリスト角谷浩一氏(61)に分析してもらった。いくつかの注目選挙区や候補者について、情勢をお伝えする。   ◇   ◇   ◇神奈川選挙区は改選の4議席と同時...
別窓で開く

当選「5」枠に20人出馬表明の神奈川選挙区 自民県連会長の小泉進次郎氏「複雑で難しい選挙」
<乱戦の夏 2022参院選>第26回参院議員選挙(22日告示、7月10日投開票)は16日、事実上の選挙戦に突入した。通常国会閉会から一夜明け、各党幹部が立候補予定者の応援に駆けつけた。岸田文雄首相の支持率も安定し、自民1強の様相で結束力が弱まった野党は選挙区で共倒れも予測され、結果次第では野党再編へ...
別窓で開く

「マスクなし演説」参院選で広がるか 小泉進次郎氏も賛成、登壇者に「外そうよ」
屋外でのマスク着用見直しをめぐる議論は、2022年7月に予定されている参院選に向けた活動にも影響しそうだ。小泉進次郎前環境相が22年5月15日に大和駅(神奈川県大和市)前で行った演説で、他の登壇者にマスクを外すようにうながす場面があった。選挙カーの上からの演説で、聴衆から距離があったためだ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>